巻き爪で化膿してしまった場合の原因と治療法

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

巻き爪の状態でテニスをしていると、より圧力がかかり痛みを感じたり、出血したりします!そうすると爪の当たる部分を切り深爪の状態になり、傷口や深爪した場所からばい菌が入り化膿してしまうのです。

 

今回は、巻き爪で化膿してしまった場合膿をどのように処置すれば良いのか、治療法を紹介します!

 

病院に行くのがもちろん第一ですが、巻き爪が痛いと思って見たら膿んでいたにどのように対処すればいいのか知りたいですよね?もしあなたが巻き爪でお困りなら…

化膿した巻き爪の正しい治し方と間違った治し方

まず、膿がみられる場合は病院に行くことが第一です。内服薬や外服薬で抗生物質を体内に送り込み、化膿を止めて治すことが大切です。膿は放っておくと増えるばかりで治ることはまずありませんからね!

 

また、自分で指先に溜まった膿を抜くのはやってはいけないことです。どうしても膿疱が出来ると潰したくなるのですが、潰すとそこからまたばい菌が入り、もっと化膿が進むことが考えられます。

 

では、どのような処置をすればいいのでしょうか?

どんな世界でも一流の人を探そう!

巻き爪で起こった化膿の正しい処置方法

何度も言っていますが、膿を見つけたら早く病院に行くのが第一です。当たるのが痛いからといって膿んでいる時に巻き爪矯正を自分で行おうとしたり、膿疱を潰して消毒したりすると悪化しますからね!

 

膿疱には触れずに、ガーゼなどで保護をして皮膚科の病院に行くのが一番正しい処置と言えるでしょう。

 

化膿さえなくなれば、自分で巻き爪を治す矯正グッズを使って治すも良し、病院にそのまま通って適切な処置を受けるも良しなのです!

 

しかし、自分で巻き爪を治す際には注意が必要です!

 

ネットで話題になっているような釣り具のワイヤーやパーマ液を使った治療法は、本来の道具の用途と違うため、かなりリスクの高い治し方と言えるでしょう!万が一傷口に薬液が入ったり、ワイヤーが刺さったりするとまた病院行きです。

 

自分でやるならきちんと巻き爪専用の治療器具を使いましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る