テニス肘の治療法、病院で手術を勧められたら?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニス肘になった場合、病院に行くと最初は湿布薬やサポーターを使った対策をし、それで期間が経っても治らない場合はステロイド注射や鎮痛消炎剤を使って治療します。しかし、注射を使うと副作用で肘の関節の筋肉や腱が弱くなってしまうことがあります。

 

そうすると、最後のテニス肘を治す方法として手術をするしかなくなるのです。病院によっては、関節のクリーニングや腱の再建、再接着術は完治せずに再発するリスクも高いためあまりおすすめしないところもありますが、名医のいる病院では成功する確率は非常に高いです!

 

しかし、手術をしないで痛みを緩和しながら保存療法を続けるという選択肢もあります!しかし、一度注射や手術の段階まで行ってしまうと放っておいたら治る何てことはほとんどありません。他の治療法を探している方はこのサイト内にいろいろな方法を書いていますので、参考にしてください!

テニス肘の治療法、手術をするに至るテニス肘の状態とは?

では、肘がどのような状態になった時にお医者さんはテニス肘の手術を治療法として勧めるようになるのでしょうか?

 

本来は、街のお医者さんはテニス肘の手術に対しては否定的な意見の人が多く、メリットとデメリットを聞くことになると思います。メリットは完治する可能性が出てくること、デメリットは完治しないことや対策をしないと再発しやすいことが挙げられるでしょう!

 

そもそも、テニス肘の関節鏡手術を勧められる時には、もう前腕の筋肉が肘の関節につながる腱の部分がぼろぼろになり、はがれかけているか、切れかけているかのどちらかです。または、他の肘の怪我である骨棘や関節ねずみを発症しているときです。

 

つまり、もう時間が経てばテニス肘が治るという状態ではないときに手術になるのです!この状態になると、肘が痛いとかいうレベルの話ではなく、上手く曲がらない等の生活を送るのさえ厳しい状態になります。

絶対に治らない状態でテニス肘を放置するのは危険!

治らない状態でテニス肘を放置するのは危険!

 

テニス肘の最後の治療法、手術の内容と方法とは?

テニス肘で手術と聞くと大抵の人はなんて大それたことを…と思うでしょう!大抵のテニス肘は初期の段階で治り、痛みも我慢すればテニスできるくらいで、日常生活ではほとんど支障がないからです。

 

しかし、先にも述べたようにテニス肘の手術を勧められたくらいの人の肘は痛み以外の症状を発症しているレベルなのです!

 

さて、テニス肘の手術に不安を感じている方も多いと思います。しかし、手術の方法はいたってシンプルなものですので心配は無用です!

 

まず、テニス肘の手術のほとんどは回復の早い、内視鏡を使って肘に穴をあけて行うものが多いです。開いてしまうと完治に時間がかかりますからね!そして、炎症や損傷のひどい腱を関節部に再接着するか、場合によっては再建する手術が施されます。その後は他にも関節異常がないか等を観察して問題がなければ短時間で終わる手術です。

 

大体は麻酔で寝ている間に終わっているという方が多いです!ですので、全く怖がる必要はないのですが、やはり手術は手術ですので、不安な気持ちは消えないでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る