テニス肘の予防法、テニスでの怪我は起こる前に対策!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニス肘は、軽度なものも含めるとテニスで起こる怪我の種類の中でも一位二位を争うほど多く起こる怪我でしょう。少し肘に痛みが出る、違和感があるうちに予防をすることが大切です!悪化してからの治療法は、病院に行っても湿布や注射による保存療法か、リスクの高い手術になってしまうからです。

 

予防をするにはテニス肘の原因を理解しなくてはいけません!これはテニス肘を再発させないためのリハビリにも同じことが言えます。

 

さて、あなたがもしテニスの時に肘に痛みや違和感を感じるなら、悪化する前に予防しましょう!その予防方法は…

テニス肘の原因とは?テニスで起こる肘の痛みや違和感の対策!

テニス肘が起こる原因は肘の内側と外側、上側のどこが痛いかによって変わります。つまり、痛みや違和感の対策をするには自分の肘のどこを押すと痛みが出るかを確かめ、症状を具体的に理解することが必要です!

 

さて、テニス肘で肘の内側、外側、上側のどこが痛いとしても主な原因は前腕や上腕の筋肉が疲労やオーバーユーズで固くなり、腱を刺激し炎症を起こすことにあります!テニス肘の正体は手首等にも起こるような腱鞘炎と同じなのです。

 

痛みの原因はもちろんこの腱鞘炎ですが、その腱鞘炎の原因は前腕や上腕の筋肉の過緊張にあるのです。だから、対策や予防を考える時に、テニス肘の痛みの原因ばかりに意識を奪われ湿布や痛み止めなどを使っていると、本当の原因に手を付けられなくなるのです。

 

確かに少しでも痛いと不安になりますが、急がば回れの精神で根本の原因から予防と対策をしていくことで、テニス肘を軽度に抑え、治療していくことができるのです。

テニス肘は原因さえわかっていれば怖くない!

テニス肘は原因さえわかっていれば怖くない!

テニス肘の予防法、肘の痛みや違和感の対策!

では、原因がわかったところで具体的な予防法、リハビリの方法とはどのようなものなのか考えていきましょう!テニス肘の予防法として、効果的なのはストレッチと体操です。

 

なぜなら、肘周りの筋肉をほぐすことが肘への刺激をやわらげるからです!しかし、筋肉をほぐすといって一番にみなさんが思い浮かべるのはマッサージや電気治療ではないでしょうか?

 

マッサージや電気治療は確かに気持ちいいですし、普段のテニスや仕事での疲れを癒すという意味ではいいかもしれませんし、決してマイナスになることはありません。しかし、特定の筋肉に疲労がたまっている場合、その疲労を数十分で筋肉の表面をもみほぐすだけでは、筋肉の芯の固さは取れないのです。

 

だからこそ、テニス肘の原因である前腕や上腕の筋肉をほぐすには筋肉自体を伸ばす、ストレッチや体操が一番なのです。評判の良いスポーツ整体に行くと、その方法を教えてくれると思います!

 

筋肉は安静にしているよりも、適切に動かした方が回復が速いのです!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る