テニスをする子供の成長期に起こる腰の怪我の治療法とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスをする子供、特に成長期のジュニアプレーヤーは怪我を多くしやすいです。特に腰椎分離症などの腰痛を伴う腰の疲労骨折などの怪我が多く見受けられ、そのたびにテニスの練習を休まなくてはいけないというかわいそうな状態です。

 

今回は、テニスをするジュニア世代の子供の成長期に起こる、腰の怪我の原因と治療法について紹介します!

 

成長期の子供は男女問わず、身体の大きさも中身も短期間で大きく変わる時期なので、刺激に敏感です!しかし、成長期だからと言ってテニスの練習を全くしないわけにもいきませんよね?実は、正しく対処すれば腰痛もなくなり、怪我も激減するのです。その方法とは…

ジュニアテニスをする成長期の10代の子供の腰痛の原因と治療法!

さて、親からするとテニスが強くなってほしいと願う反面、子供の身体の健康が一番に気になりますよね?子供が大丈夫だと言い張っても実は怪我や痛みを抱えていることも多くあります。

 

なぜ、成長期になると腰痛に限らず怪我が多くなるのかというと、「身長を伸ばすために骨が柔らかくなっていること」、「骨の伸びが原因で筋肉が引っ張られて固くなってしまうこと」が挙げられます。

 

確かに、成長期の子供は大人が驚く程の速さで身長がのびていきますので、その身体への負担は計り知れないものです。そんな身体でテニスをやっているということを自覚するのが第一に大事なことですね!

 

では、具体的に10代の成長期の腰痛の治療法や対処法について紹介していきます!

Benoit Paire

テニスをする子供の腰痛の治療法・対処法

先に挙げた、成長期の子供が怪我をしやすい原因は簡単に言うと、骨が柔らかいから折れやすい、筋肉が固くなりやすいということでした。

 

つまりこの2つの原因を解消してあげるだけで、子供の腰痛だけに限らず、すべての怪我の治療にも予防にもなるのです!

 

まず、骨について。骨は折れてしまったらくっつくまで安静にしなくてはいけません。中学生や高校生に多くみられる腰椎分離症という疲労骨折は、骨が折れることと腰痛には関係がないとされていますが、やはり成長途中なので骨を治してから、腰痛の症状をとることが重要です!

 

次に、筋肉について。これが一番成長期によって目に見えないけど変わる部分だと思います!筋肉を使っていなくても勝手に骨の伸びに引っ張られて柔軟性を失うのです。特に背骨の周りにある筋肉や太もも周りの筋肉は成長期の際にかなり引っ張られるので、この時期に柔軟性を保つような治療法を行っておくと後々良い効果が出ます。

 

具体的には、毎日ストレッチをしたり、スポーツマッサージの知識がある人にマッサージをしてもらったりするのが良いでしょう!ストレッチは親やテニスコーチと一緒に毎日やる癖を付けてあげると大きくなってからも体のセルフケアが身につくのでとても良いですよ♪

 

このように、成長期を迎える子供は身長が伸び大人になっていくにつれて、放っておくと怪我をしやすい体質になってしまうのです。そんな体でテニスをやって刺激を与えているわけですから、セルフケアを怠ったら大変なことになるのはわかりますよね?

 

この時期に頑張ってストレッチをしておくと、後々やっていなかった人と大きな差が付きますので絶対に続けましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る