テニスをすると痛い足の巻き爪の最短の治し方!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

巻き爪の症状がある人はテニスをする時に、ズキズキと足に痛みが走りませんか?巻き爪になってしまい炎症が起こると、シューズ内の衛生状態を保ったり、つま先への負担を減らしたりするためテニスなどの運動を控えなくてはいけなくなります。

 

今回は、テニスをすると痛い巻き爪の最短の治し方について紹介します!

 

巻き爪は重症度によって治療法が異なります。テニスをすることで出血したり、そこからばい菌が入り化膿したりという症状があるならすぐに治療が必要です!

 

もし、あなたが巻き爪でお悩みなら…

テニスで痛い巻き爪の原因と治し方!

もちろん、テニスが巻き爪の直接の原因とは限りません。例えば、加齢による爪の硬化や変形、爪の切り方による変形、ヒールや先の細い靴による変形等があります。テニスは、特に切り返しの時の踏ん張りでつま先に負担がかかるので、巻き爪の原因になることがとても多いです。

 

また、巻き爪が深刻化してズキズキ痛いだけでなく、自分の爪が刺さり血が出てくる場合やその傷口からばい菌が入り膿んでいる場合は、それに適した治療をしなくてはいけません!

 

今、自分の巻き爪の状態がどの段階なのか、原因はどこにあるのか分かったら具体的に治し方を見ていきましょう!

feet-195061_640

テニスで痛い巻き爪を最短で治す方法

まず、テニスをすることで出血や化膿を起こしている場合の巻き爪の治し方について。この状態は非常に危険です。化膿が取れないと巻き爪治療に専念できず、なかなか治らないからです。

 

病院で内服薬・外服薬で抗生剤を出してもらい服用しながら、普段履く靴も通気性が良くつま先が締め付けられないような柔らかい物を選ぶようにしましょう。テニスシューズは臭くなるので分かる通り、汗等を吸い込みかなり不衛生ですので…。

 

次に、炎症が治った、もしくは変形のみで出血や化膿をしていない場合の治し方について。この状態であれば、プレートやワイヤーを使った巻き爪の矯正治療を行えば、必ず治すことが出来ます。最近は、自宅で巻き爪を矯正できる巻き爪ロボというものも販売されています。

 

市販の巻き爪ブロックとは違い、爪の両端を引き上げた状態でお湯に浸け軟化させ、最後はドライヤーで乾かすことで計30分程度で巻き爪を治せるのが特徴です!

 

巻き爪ロボのPR動画を見つけたので、載せておきます。

 

もし、あなたが巻き爪のせいでテニスが出来なくなっているなら、最短で巻き爪をなおしてしまいましょう。出血や化膿を起こしてしまうと治療が長期化してしまう恐れもあるので、無理せずに早い内に手を打ちましょう…

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る