テニスの足首の怪我、捻挫癖を予防する方法!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで足首の怪我と言ったら、捻挫ですね。グキッと足首を外反、内反すると靭帯や筋肉が損傷を起こし、痛みや腫れや内出血などの症状をもたらします!また、靭帯が完全に戻らず捻挫癖と呼ばれる足首の関節が緩い状態のままになってしまうことがあり、再発の可能性が高くなります。

 

今回は、テニスの足首の怪我、捻挫を予防する方法について紹介します!何度も捻挫をしている方は必見です。

 

人によっては生まれた時から関節が柔らかく、すぐに足首を捻ってしまう人もいます。普通は固くて悩むものですが、怪我をしやすいのは実は柔らかい・緩い人なのです!

テニスの足首の捻挫の癖を治す、怪我の予防法!

足首の捻挫はテニスだけでなく、普段の生活にも支障の出る怪我です。また、完治した後でもただ歩いているだけなのに足首を捻ったり、足首の不調が原因で腰痛になったりします!

 

つまり、足首の捻挫が癖になり何度も捻挫をしてしまうと、全身のバランスにも影響が出てしまうのです。

 

しかし、病院に行っても捻挫癖が残るのはしょうがないことで、靭帯を完璧に治すことはできないというのが通例です!もちろん手術をすれば別ですが、完治までの期間はかなりかかります。

 

では、捻挫癖のついた足首の予防法について具体的に見ていきましょう!

The girls warming up

捻挫癖のある足首を捻って怪我をしないようにする予防法

捻挫癖の原因として主なのは靭帯の緩みと筋力の低下です。この2つの原因をカバーすることが出来れば、怪我の予防に大きくつながります。その予防法は2つあり、1つ目はテーピングやサポーターをつけること、2つ目は、足首周りの筋肉を鍛えて足首をあんていさせることです。

 

まず、テーピングやサポーターを常に付けていれば、捻挫をしにくくなるでしょう。これは一番手っ取り早い予防法ですね!しかし、これは捻挫癖解消の根本的な解消にはならず、その場しのぎに近いです。捻挫からの治りたてでリハビリ中などは悪化防止のためにサポーターを付けるのは賛成ですが、ずっとつけ続けるのは筋力の低下を招きもっと足首が弱くなりますので注意が必要です。

 

次に、あしくびの動きに関係する足の筋肉を嫌えることで足首を安定させることが出来るでしょう!コツコツとふくらはぎやすねや足部の筋肉を鍛えることで、足首は次第に安定感を取り戻します。なぜなら、関節を安定させる靭帯が伸びてしまっている分を筋肉がカバーするように働くからです。これは、続ければ続けるだけ足首の強度を上げることが出来るので、オススメの予防法です。

 

このように足首の捻挫癖を治し、怪我を予防するには、サポーターやテーピングの力を適宜借りながら自分の筋力で足首を支えられるように地道に鍛えるのが良いです!

 

足首の捻挫は厄介で、面倒な怪我ですが正しい治療法を知り、予防まですれば今までと同じようにテニスも日常生活も楽しめるようになるでしょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る