テニスの足首の怪我、捻挫の原因とテーピングによる治療法とは?

テニスでの足首の捻挫は、捻挫癖になりやすく、骨折よりも治療法が難しいと言われています。応急処置をしっかり行い、テーピングやサポーターでの固定をしながら正しく治療することで、再発の起こらないように完治することができます!

 

特に、テニスでは左右の切り返しのフットワークやでの足の捻挫が多く、それはテニス肘や腰痛、膝痛などの怪我と同じくらい患者がいるとされています。

 

つまり、テニスを楽しむ誰もが、足首の捻挫という怪我について原因や、正しい応急処置、治療法について知らなくてはいけません!

 

さて、もしあなたが捻挫をしてしまった直後なら、まずは応急処置と治療を迅速に行わなくてはいけません!その方法を紹介します。

テニスでの足首の捻挫の原因とは?靭帯損傷をする理由!

テニスでの足首の捻挫は、足の裏を内側にひねる形のものが多く、足首の外側の靭帯を痛めることが多いです。また、足首の関節を一気に捻ることで、骨や、関節、筋肉も一緒に痛める場合も多いです。

 

ではこのような症状の出る、足首の捻挫が起こる原因とはどのようなものなのでしょうか?足首を捻りやすい状態になるとはどのようなことか考えていくことが原因の解明につながります。

 

足首の捻挫の原因は、足の裏のバランスが悪くなっていること、足首周りの筋肉ふくらはぎやすね、足の指の筋肉などが疲労し、足首の安定感がなくなっていることがあります。

 

まず、最近の人間は靴を履くようになってから、足の裏や足の指の形が地面を捉える能力が弱まってしまいました。その結果外反母趾や内反母趾の様に、足の変形が起きやすくなってしまいました。

 

そうすると足の裏でフットワークの切り返しを受け止めきれず、足首を捻ってしまうのです。

 

また、足首周りの筋肉に疲労がたまると本来は足首の靭帯と共に足首を支えている筋肉が使えず

、足首を捻りやすくなり、靭帯の損傷や内出血などが起きるのです。

切り返しの時に足首は捻りやすい!

切り返しの時に足首は捻りやすい!

テニスでの足首の捻挫のテーピングによる治療法とは…

テニスでの足首の捻挫をRISE応急処置法で処置したら、今度は足首の形が変わって固まってしまわないように、テーピングやサポーターで固定することが必要です。応急処置については、他の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください!

 

テーピングやサポーターの巻き方は、しっかりとこの後述べるように巻ければ、自分でも巻けると思います。特に難しいことはありません!

 

このテーピングやサポーターでの固定で、足首の伸びてしまって靭帯やくるぶし周りの腫れ、足部の内出血、足首周りの筋肉の挫傷を治すことが出来ます。そのテーピングの方法を動画を含め紹介します!

 

 

用意するもの:アンダーラップ、太めの非伸縮性テープ

1.アンダーラップを巻く
2.アンカーテープを巻く
3.スターアップ(足首左右の動きを制限する)を巻く
4.ホースシュー(3で巻いたテープを止める)を巻く
5.ヒールロック(かかとを固定する)を巻く
6.フィギュアエイト(足首の曲げ伸ばしを固定する)を巻く
7.サーキュラー(テーピングの隙間を覆う)を巻く
8.アンカーテープを巻く

という手順で行います!絶対に一度は動画を通してみて、その後見ながら巻いてみてください。このテーピングは、治療にも捻挫の予防にも使えます。

 

このように、足首の捻挫はしっかりと治療することで、治すことが出来ます。しかし、完治までの期間はどうしてもこの治療法だと時間がかかってしまいます!

 

テーピングによる固定が面倒だという方はサポーターを使うと良いですね。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆






※当サイトで紹介した治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る