※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニス中に足の裏が痛いなと思っている方は、足底筋膜炎という足の裏のかかと側の筋膜が炎症をおこす怪我をしています!合わないテニスシューズを履いたり、疲労がたまっていたりするとなります!足の裏は普段から使うため治療が長期化してしまうことが多い怪我です。

 

そこで今回は、テニスで起こる足の裏の怪我、足底筋膜炎の正しい治療法について紹介します!

 

足の裏は車で言えばタイヤです。タイヤがパンクしていては走りだせませんよね?それと同じで足の裏に痛みがあると日常生活にも師匠がでてしまいますよね!早期回復を目指しましょう♪

テニスの足の裏の怪我、筋膜炎の原因と治療法!

さて、そもそもなぜテニスで足の裏が痛くなるのでしょうか?もちろん足の指や裏で地面を掴むような動きを繰り返したことによる筋肉疲労からくる怪我ですが、同じようなプレースタイルや体形の人でもなる人、ならない人がいますよね。

 

その差は、テニスシューズが合っているかどうかにあると考えられます。足の形や厚み、幅、大きさは同じ人であっても左右で違います。つまり、テニスに関していえばしっかりと自分の足に合ったテニスシューズを選ぶことが筋膜炎を予防する大きな一歩になるのです!

 

しかし、もうあなたは足底筋膜炎になり足の裏が痛いからこの記事を読んでいるでしょうから、ここからは足底筋膜炎の治療法について紹介していきます♪

実は一番大事なのはシューズ選び!

足の裏に痛みが出る足底筋膜炎の治療法!

足の裏は、普段の生活でも使ってしまうため完全休養は厳しいと思います!しかし、足に溜まった疲労をしっかりととる等、足の裏の筋肉の硬直を解くように毎日セルフケアをすることで多少の時間は要しても完治までの期間を2週間程度で抑えることが出来ます。

 

そのセルフケアの方法とは、お風呂で足の裏を温めてからのストレッチです!しかし、歩いていないときでも痛い場合は炎症が起こっているので、多少治まるまでは温めてはいけません。安静を心がけることが治療法です。

 

さて、足の裏が歩いている時だけ痛い方は、足と足首が浸かるくらいだけでもいいのでお風呂でお湯に15分ほど入ってください!筋膜炎の原因である足の裏の筋肉を温めて血流を良くするためです。また、足首も同時に温めることで身体全体の血流を促進することが出来ます!

 

その後、足の指や裏の中心をとおる足底筋を軽く痛みの出ない程度にマッサージして、ふくらはぎや太ももやすねのストレッチを行ってください!この3つの脚の筋肉のストレッチが一番足の裏の筋膜炎には効果がありますよ♪

 

このように、テニスだけでなく普段の生活から困ることの多い足底筋膜炎は足の裏だけでなく、周りの筋肉をほぐすことで血流の促進や衝撃の分散を出来るのです!足全体のバランスを整えるイメージで丁寧に治療してください。また、治ったらしっかりと自分の足に合ったテニスシューズを履くようにしましょう。サイズや幅は店員さんに測ってもらうといいですよ♪

 

テニスで起こる怪我は足底筋膜炎に限らず、筋肉や関節に溜まった疲労がある一線を越えてしまった時に起こることがほとんどです!

 

そのため骨折などと違い、病院の力を借りなくてもその疲労を取り除くようにセルフケアを続ければ痛みは早期になくなることがほとんどです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る