テニスの足の甲の怪我、痛みの原因は疲労骨折かも?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスをしていて足の甲が痛いと感じたら、それは疲労骨折という怪我かもしれません。ジュニア世代の子どもに多くみられ、テニスができるくらいの痛みしかないため気にせずにテニスを続けてしまう人もいます!

 

腰痛を引き起こす腰椎分離症や、オスグッドによる膝痛と同じように、足の甲の疲労骨折はテニスをする子供に怪我で、原因に沿った治療法が重要になります。

 

足の甲をなぜテニスで痛めるのか、と思う方もいるかもしれませんが、ストップ&ダッシュを繰り返すフットワークや、瞬発的な動きの多いテニスでは足部への負担がとても多くかかります。

 

さて、あなたやあなたのお子さんが足の甲の痛みで悩んでいませんか?足の甲の疲労骨折かもと思う方はぜひ読んでみてください…

テニスで足の甲を痛めた!痛みの原因は疲労骨折かも?

足の甲をテニスで痛めた場合、足の甲の中足骨に問題があることがほとんどです。その骨の関節の捻挫等で炎症が起きているか、骨折が起きているかどちらかでしょう!

 

疲労骨折や中足骨の関節の捻挫が起こる原因としては、足部への負担がたまることにあります。その名の通り骨や関節に疲労がたまることで起こるのです。

 

特にテニスはフットワークで踏ん張ったり、着地時につま先で降りたりという動きが多く起こるのです。そのたびに中足骨が周りの骨とぶつかり合うのです!

 

そうすることで、徐々にですが痛みの原因である疲労骨折が足の甲の中足骨に起こり始めるのです。

 

しかし、なぜ疲労骨折になる人とならない人がいるのでしょうか?先に書いた原因だけであれば、テニスをする誰もが足の甲の疲労骨折になってもおかしくありませんよね?

 

その差は、足への衝撃を足の裏全体で和らげることが出来る能力があるかどうかです。足の指がしっかりと地面をつかんで動けていれば中足骨だけにかかる負担は減らすことが出来るのです!

 

あなたの足の指を見てみてください。足の指がくっついたり、重なったりしていませんか?本来足の指は開いているものです!そしてそれぞれに衝撃が分散して足の甲や足全体の負担が減るのです。

足で踏ん張れるかどうかでテニスの質は変わる!

足で踏ん張れるかどうかでテニスの質は変わる!

テニスでの足の甲の怪我、疲労骨折の治療法とは

では、テニスでの足の甲の怪我の正しい治療法とはどのようなものでしょうか?先に挙げた原因を解消することが重要なのです。

 

そもそも足の甲の疲労骨折はテーピングでの軽い固定をすれば痛みの出ない程度にテニスをしていても治すことが出来ます。もともとあまり動かない骨なので。

 

つまり、足の甲の痛みの対処療法は特に必要ないのです。しかし、もし足の甲の疲労骨折が治ったとしても、足の裏や指のバランスが崩れてしまっていたら痛みが再発したり、他の足の部分に痛みが出たりすることがあります。

 

身体のバランスを崩さないように気をつけましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る