テニスの膝痛を伴う怪我、膝の外側が痛い時の治療法!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスに限らず、膝に痛みの出る怪我は様々な種類があります!筋肉や腱や靭帯が数多く存在する膝はテニスにおいて運動の原動力となる反面、怪我をしやすい個所でもあります。

 

そこで今回は、膝痛を伴うテニスの怪我の種類から、特に膝の外側が痛い時の治療法について紹介します!膝は関節痛や筋肉痛、腱鞘炎、靭帯損傷など様々な怪我があるのでそれぞれに合った治療法を行う必要があるのです。

 

あなたは膝の外側、内側どちらが痛いですか?それによって対処法や治療法は変わってきますので、自分の身体がどんな信号を出しているのかをしっかりと確かめましょう!

テニスの膝の外側の怪我、膝痛の原因と治療法!

テニスは縦よりも横の動きが多いスポーツで、左右にダッシュ&ストップを繰り返します!プロテニス選手の体形を実際に見るとわかりますが太ももの外側の筋肉がとても大きくなっています。

 

そんな横の動きを続けていると、太ももの外側の筋肉は疲労がたまり膝の外側の腱を引っ張るように作用します。これが膝の外側の痛みの原因です!曲げると膝痛が起こるのがこの怪我の特徴です!

 

では、そんな膝の外側の痛みをなくす治療法はどのようなものなのでしょうか?

IMG_0478

膝の外側に痛みの出る怪我の治療法とは

テニスの競技特性上太ももの外側に疲労が蓄積するのはある程度仕方のないことです!しかし、だからと言って放っておくと膝の外側に痛みが出て、膝を曲げ伸ばしするだけでも痛い状態になってしまうのです。

 

そんな症状を抑えながら、根本的に膝の外側の痛みを治す方法はストレッチしかありません!やり方は簡単でうつぶせになって膝を曲げて足を手でお尻の方へ引っ張るだけです。この時に外側の筋肉を伸ばす工夫としては少し足を反対側のお尻の方に引っ張ることです。少しひねりを加えることでより外側の筋肉を伸ばすことが出来ます!

 

さらに、痛みがあるうちは運動後にはアイシングをするといいでしょう!普段は必要ありませんが、運動した後は患部が特に炎症を起こし熱を持っているので冷やすと効果的です。

 

このように、膝の外側に痛みが出る怪我は原因さえ知ってしまえば、簡単に家でストレッチをすることで治る怪我なのです。

 

また、テニスで起こる他の怪我も大抵は筋肉に疲労が蓄積し、固くなることで痛みが起こるものばかりなのでどの筋肉がその痛みとつながっているのかさえ分かってしまえば治すことが出来ます!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る