テニスの膝の怪我!膝の裏に痛みがある時の治療法

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで膝の裏に痛みが出た事ありませんか?ストレッチをした時、激しいフットワークをした時など膝の中で簡単に怪我をしやすい場所です!なぜなら、ふくらはぎやハムストリングスの筋肉の腱が膝裏に集まっているからです。怪我をしやすいからこそ普段からのケアが大切です。

今回は、テニスの膝の裏に痛みの症状が出る怪我の家で出来る治療法について紹介します!

膝の裏の怪我は歩くだけでも痛いものから、運動のはじめは痛いけどだんだん痛みが消えるものまであります。自分のタイプがどちらなのか調べてみてください。膝裏は自分で治せますよ♪

テニスの膝裏の怪我!痛みが出る原因と治療法

テニスにおいて、膝裏に集まるふくらはぎと太ももの裏の筋肉はフットワークの良し悪しを決める大事な筋肉です。地面を強く蹴ったり、サーブでジャンプしたり、切り返したりするときに使われます。

そのため、怪我をしてしまうと再発に至るケースが多く見受けられます。ちょっとでもおかしいなと思ったときには一度プレーをやめて適した対処をしましょう!

歩けない程痛い場合と運動のはじめだけ痛くてやっている内に治る場合の2パターンについて原因と治療法について紹介します。

年だから...そんなことはありません!

年だからね…。そんなことはありません!

 

歩けない程膝の裏に痛みが出る場合の原因と治療法

歩けない、もしくは歩けるけど1歩毎に痛みが出る場合は、膝裏近くの筋肉が肉離れもしくは腱が炎症を起こしている可能性が多いです!

この原因としては、仕事や家事やテニスなどの疲労で凝り固まった足の筋肉がテニスをしたことで急激に引っ張られて、筋肉や腱の柔軟性が衝撃に耐えられない事が挙げられます。

つまり、自分の筋肉の状態を自分自身で理解できていないことが問題なのです。今日はちょっと張ってるからあまり思い切り動かないようにしようとか配慮が必要なのです。

しかし、痛めてしまったものはしょうがないので、膝裏の痛みが酷い内はあまり足に負担がかからないように生活して、治療法としてテーピングや包帯での固定とアイシングをオススメします!関節を動かすために使われる筋肉がより休まるようにして下さい。

運動のし始めだけ膝の裏が痛い場合の原因と治療法

このような痛みの場合は、未だ怪我の手前と言えます!膝の裏にも筋肉にも特別な治療法が必要な炎症は起きていません。身体が温まってくると治るわけですからね!

なぜなら、筋肉の張りが強くなっているから膝裏の腱が引っ張られて痛みを感じているだけだからです。しかしこの状態が長く続くと、先ほどの肉離れや腱鞘炎になってしまいます。

つまり、この段階で練習後や入浴後のストレッチをさぼると怪我になってしまうのです。出来ることは1日2回以上はストレッチをすることです!特に体が温まっている時です。膝の裏が痛い時はストレッチだけで治すことが出来るのです♪

このように、テニスでの膝の裏に痛みの出る怪我は2つに分類でき、後者が悪化すると肉離れや腱鞘炎等完治しにくい癖になりやすい怪我になってしまうのです!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る