テニスの肩の怪我の予防法、テニス肩の対策とは?

テニスの肩の怪我の治療は病院でも難しいとされています!なぜなら、関節や骨、インナーマッスルを含む筋肉が複雑な構造をしているからです。テニス肘や腰痛、膝痛などのテニスの怪我の定番と並んで、テニス肩の症状に悩む方は多いです!

 

肩は病院での治療法のような湿布やマッサージ、注射では完治せず、再発することが多いです。そのため、予防が肩の怪我に関していえばとても大切になるのです!

stretching-814227_640

ストレッチは運動前の予防に効果あるの?

でも、予防法なんて知らないし、最近はテニスの前にストレッチをするともっと怪我をしやすくなるとも言われるし、何を信じていいかわからないとい方も多いと思います!そこで、今回はテニス肩などの腕周り、肩甲骨周りの怪我の予防法を紹介します。

 

さて、あなたはテニスの時の肩の痛みを我慢していませんか?もしくは、休んで治ったけどまだ本調子じゃないから肩の怪我の予防法を知りたくありませんか?さて、そんな肩に不安のある方は…

テニスの肩の怪我の正しい予防法とは?治らないテニス肩に悩む前に!

テニスで肩を痛めた事がある、最近肩に痛みがある、年かな?なんて弱気にならないでくださいね!周りのテニスコートを見ればわかるように、何歳になってもどこも怪我をせずにできるのがテニスの良いところです。

 

肩に限らずテニスの怪我は正しい予防法をすることで、再発を防止する効果があります!

 

そもそも、肩をなぜ痛めやすいのか、年を取ると腕が上がらなくなってくるのかというと、肩が高性能で複雑すぎるからです。関節や筋肉に対して正しくない動きをしたり、筋肉が弱ったり、関節が固くなってくると逆に影響を受けやすいのです。

 

つまり、正しい肩の動きを続けることができていれば、筋肉も効果的に鍛えられ、関節も動きやすくなるのです。特にテニスは肩や肩甲骨、背骨を運動の支点とすることが多いので、正しく使えないともろに肩付近に痛みが出ますよね!

 

サーブやストロークで無理な力が体に入らずに、スパーンと軽く振りぬけている方は肩の怪我に悩まされることはほとんどないと思いますよ!そういう人のマネをするのが本当は一番良い予防法かもしれませんね!

テニスの肩の怪我の予防法を具体的に知りたい方へ

最近怪我ほどは痛くないけど肩に違和感がある、肩が上がりにくい回りにくいという症状がある方は早急に具体的な肩の怪我予防をする必要があります!

 

私も、テニスプレーヤーとして試合を回っていたときに、肩の疲労の蓄積が一番大きかったです。そんなときに肩の治療で教えてもらったストレッチ法がとても効果があったので1つだけ紹介します。

 

2人いるといいのですが、1人のでも可能です。2人の場合、まず地面に仰向けで寝て、両手を頭の上にピンと張って持ってきます。そうすると脇の下から胴にかけて背中の筋肉が出てくるので、その筋肉を上から押してもらってください。

 

1人の場合は自分で手で押してもいいですし、横向きに寝て、その固くなっている部分にテニスボールを当ててもいいです。

 

これだけでもだいぶ楽に肩が回るはずです。肩の可動域が正常に戻ると、肩の筋肉の負担も減ります。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る