テニスの肩の怪我、インナーマッスルの腱板損傷の予防と治療法!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスの肩の怪我の中でもインナーマッスルの損傷、腱板損傷は厄介です。そのため、痛みの原因を知り、治療法とリハビリやトレーニングによる予防法を知る必要があります!

 

肩のインナーマッスルの怪我は体のバランスを崩し、テニス肘や肩甲骨の怪我、腰痛等にもつながる可能性があります。小さな筋肉なので再発のないように完治させることが大切です。

 

サーブやストローク、スマッシュを打つ際に必ず肩を使うため、日ごろのストレッチや体操によるケアが必要です!さて、あなたは肩の奥深くが痛みませんか?インナーマッスルの損傷には…

テニスの肩の怪我の原因、インナーマッスルとは?

あなたはテニスでの肩の痛みの原因がはっきりしていますか?原因不明の肩の怪我は基本的にインナーマッスルが傷つく腱板損傷が起き、周りの肩の筋肉とのバランスが悪くなることで起こります。

 

そもそも耳にするけどイマイチよくわからない、インナーマッスルとは肩の内側から肩甲骨にかけて走っている筋のことです。筋肉としては小さく、パワーも弱いですが肩の関節運動の安定に役立っています。

 

大きな力を出すアウターマッスルがより効率的に大きな力を出せるようにする縁の下の力持ちといった感じですね!

 

そんなインナーマッスルは弱いため、少しでも疲労がたまり固くなっているまま、テニスをすると筋肉の繊維が傷み、肩のバランスが崩れ怪我につながります。

インナーマッスルを鍛えると動きに安定感が!

インナーマッスルを鍛えると動きに安定感が!

テニスの肩の怪我、腱板損傷の予防法と治療法!

では、そのようなテニスの肩のインナーマッスルの怪我、腱板損傷の予防法と治療法とはどのようなものなのでしょうか?

 

原因不明の痛みや肩から肩甲骨にかけての筋肉、わきの下の筋肉を押したり、動かしたりすると痛い場合は、インナーマッスルの怪我であることがおおいです!

 

この際の治療法としては、早くインナーマッスルの炎症を抑えて周りの筋肉への影響を最小限にすることが求められます。肩から肩甲骨にかけての腱板損傷で、片方の肩の骨が前に出てしまった方も見たことがあります。

 

病院では、インナーマッスルに炎症がある場合は、注射を打つような治療法がとられることもあります。しかし、炎症を取るだけでは一時的な効果しか望めないため、テーピングで肩甲骨周りを補強しておくことが大切です。自分で治したい場合は、テーピングで十分でしょう。

 

すると、炎症の治りも早く、かつ他の肩の筋肉へのダメージも最小限に抑えることが出来ます。

 

そして、炎症が取れたら今度は予防のためにリハビリトレーニングとストレッチや体操を行うことが大切です。リハビリには、柔らかいチューブを使ったエクスターナルローテーションとインターナルローテーションで肩周りの痛めた筋肉を刺激してあげることが大切です。

このようにして、肩のインナーマッスルをリハビリとトレーニングをすることで、強化することが出来ます。

しかし、強くするだけで柔らかさがないと、今後またすぐに痛める原因になるので気をつけましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る