テニスの股関節の怪我の治療法、股関節痛の原因とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで股関節を痛める怪我をする選手は多いです。疲労骨折や肉離れ程の怪我ではないため歩けないわけではないけど、股関節痛がテニスの練習中やその前後に出るというのが主な症状です!

 

股関節はテニスにおいてストロークやフットワークで動力源になっている部分でもあります。つまり、股関節に痛みが出ると足、足首、ふくらはぎ、膝、太ももと伝わってきた運動連鎖を使えなくなってしまうのです。

 

では、なぜ特別にテニスで股関節を怪我したわけでもないのに、痛みが出るのでしょうか?またその痛みの治療法とその後に起こりうる怪我の対策を紹介します!

 

実は、あなたの股関節の痛みはこの方法で治せるのです…

股関節の怪我、テニスをすると股関節痛を感じるときの原因とは?

テニスをする時だけ股関節が痛い、練習のし始めだけ股関節痛があるが練習していくうちに消えていく、痛みはないけど関節がコキコキ鳴るなどの症状がある方の原因をこれから紹介します!

 

全然歩けるのだけれども、特定の動きをしたり、テニスで負荷がかかったりすると股関節に痛みが出るということは、骨や関節の怪我でないことは確かでしょう!もしも大腿骨や骨盤に疲労骨折が起こっていた場合は歩くことさえままならないですし、股関節唇損傷のような関節の怪我であれば痛みのあまり入院して手術しているはずです。

 

では、何が原因で股関節痛を発症しているのでしょうか?

 

そう、それは太ももの付け根の筋肉や尻の筋肉、骨盤周りのインナーマッスルが疲労で固まってしまっていることが原因だったのです!いわゆるコリというやつです。肩こりも重症化すると痛みに変わるのと同じで、股関節の周りの筋肉も疲労で固まってくると痛みに変わるのです。

 

そのため歩きやジョギング程度の衝撃なら痛みが出ない股関節も、筋肉が固いままの状態でテニスでの強い負荷がかかると痛みが出るのです!つまり、まだ炎症が起こっているわけではないので、怪我のひとつ手前の状態と言えるでしょう。

構えから股関節を曲げて力を蓄えている!

構えから股関節を曲げて力を蓄えている!

テニスの股関節痛の治療法とその後の怪我の対策!

このような、普段痛みがないような股関節痛の治療としては体を温めた後のストレッチやテニスボールを使ってマッサージをしてコリをほぐすことが一番です!簡単な治療法ですが、継続して運動後や入浴後の筋肉が温まって伸びやすい時に伸ばす癖をつけることが大切です!

 

もし、このケアをこの段階の股関節痛の時に怠ると、連鎖して起こる股関節やそれ以外の部位の怪我を予防することが出来なくなってしまいます。

 

例えば、股関節の筋肉が固まり上手く運動連鎖が出来ないと、ラケットを振る力を上半身で生まなくてはいけなくなります。そうすると、肩や肩甲骨、腰などの体幹部の怪我もしくはテニス肘などの原因となることがあるのです。なぜなら、いわゆる手打ちという状態になってしまい、普段は連鎖を円滑に行う役割を持っていた関節や筋肉に大きな負荷がかかるからです。

 

さて、そんな全身の怪我を対策するには、やはり日々筋肉を緩めて一日を終え、疲労を残さないことが重要になってきます。テニスをしていなくてもデスクワークや家事で凝り固まった体をお風呂で十分に温めてからストレッチやマッサージでほぐす習慣をつけましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る