テニスの肘の怪我、テニス肘とは?原因と症状を紹介

テニスの怪我と言ったら、テニス肘が有名です!テニスエルボーとも呼ばれますね。病院では、肘の腱鞘炎として治療されます

 

テニス肘になるとまず、湿布や痛み止め、サポーターやバンド、テーピングでの固定、それでもだめなら、針やツボ押しなどのマッサージなどの治療法を取り、最終的には注射や手術といった副作用の多い治療に移ります!

 

実は、悪化してしまったテニス肘はこのような治療法では治らないのです。手術はメリットよりデメリットの方が多く、テニスを二度とできない危険も多いため、ほとんどの人が注射の治療までやって効果がなく病院への通院をやめ、肘の痛みと付き合いながら生活しています!

 

しかし、テニスは生涯楽しめるスポーツですから、いつまでも痛むところなくやりたいですよね?病院に行ってもダメだったんだから、とあきらめずに久々に気持ちよくテニスをできるようにしませんか…

テニスの怪我、テニス肘になる原因と症状とは?

テニスをしていて、肘に違和感がある、痛みがある場合ほとんどの確率でテニス肘です!肘の関節が曲がらない場合は、肘の関節に骨棘という余計な骨が出来てしまっているかもしれないので、病院でレントゲンを撮ってもらってください!

 

テニスの肘の怪我である、テニス肘は肘の関節を動かす筋肉と上腕骨のつなぎ目である腱の炎症によって起こる痛みや違和感の症状名を指します!怪我の種類ではないので注意しましょう。

 

さて、ではなぜそのような肘の腱鞘炎がおこるのでしょうか?そしてなぜ病院ではテニス肘を完治させられないのでしょうか?

 

テニス肘になった方ならわかると思いますが、テニスが終わった後とか、打っている間に気づいたら痛みが出てきましたよね?テニス肘が、突発的な怪我ではなく、慢性的な疲労がたまって起こる怪我であるということがわかります。つまり肘の周りオーバーユーズしているということです。

 

肘の関節を動かしたり、固定したりするために筋肉が働くため、疲労し、衝撃を筋肉がばねの様に吸収できなくなった時に腱が傷つくのです。これが、テニス肘の仕組みです。

 

ならば、病院で行っているような湿布や薬の注射でその腱鞘炎を治せばいいのでは?と思いますよね!しかし現実軽いテニス肘だった方しか病院では回復していません。それどころか、通院中に悪化してしまう方もいるくらいです。

原因がはっきりしないと治療法も定まらない!

原因がはっきりしないと治療法も定まらない!

肘の腱鞘炎である、テニス肘の正しい治療法とは?

では、結局どのようにすれば肘の周りの筋疲労によるテニス肘の痛みは完治して、再発もしなくなるのでしょうか?

 

病院の治療法は、とにかく怪我した肘の腱鞘炎の炎症を引かせることだけにフォーカスしているものが多いですよね?しかし、本当の正しいテニス肘の治療法は、炎症を引かせるだけでなく、炎症を起こしている原因となった筋肉にアプローチする方法なのです。

 

これは、テニスを知らないとできない他、ストレッチや運動について詳しく勉強をした先生でないとわからないことです!私も、現役時代はテニス肘のような症状に悩まされているときに、スポーツ医学専門の先生に一度見てもらい、その後自分でテニス肘を治せる治療法を教えて頂きました。

 

その治療方法は下のおすすめページにまとめてありますので、テニス肘に悩んでいる方は参考にしてみてください。老若男女誰でも自分でテニス肘を治せる方法だと思います。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

改善率93%を誇るテニス肘治療のヒミツとは?

おすすめの肘用サポーターランキングTOP3

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のテニス用品ネットで買うなら…

有名テニスコーチ監修の教本&DVD

有名テニスコーチの教材DVD

テニスをする全ての女性へ

テニスの日焼け予防

テニスのあの噂に…

テニスで禿げる

合わせて読みたい

  1. テニスの肘の怪我の治し方!鍼灸を使った治療法とは?

    テニスの肘に痛みやしびれ等の症状が出る怪我と言えば、テニスエルボーですね!最近では、パソコンやスマホ…
  2. テニスで手がカサカサに!乾燥肌のあかぎれ、ひび割れの対策

    冬のテニスは、乾燥で手がカサカサになってあかぎれやひび割れに困る方が多くいます!グリップに血がついた…
  3. テニスのふくらはぎの怪我の治療法、筋膜炎を治す方法!

    テニスのふくらはぎの怪我として、錦織圭も悩まされるのは筋膜炎です!軽度や一歩手前の肉離れと診断される…
  4. テニスの膝の怪我の治療法、皿の下側が痛いオスグッド病の対処!

    テニスに限らず、スポーツでは膝の怪我が一番多いです。鵞足炎などのオーバーユーズによる怪我、や半月板損…

ブログランキング♪

ブログランキングに参加しています!良いサイトだと思ってくださった方は、ポチッとお願いします!


にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

ブログランキングFC2 ランキング参加中

ピックアップ記事

  1. テニスでマメやあかぎれ、ひび割れはテニス肘や腰痛等と同じくらいプレーに支障が出る怪我です!また、特に…
  2. テニスの肩甲骨の怪我で多いのが、背中の中央部の肩甲骨を内側に寄せる筋肉の損傷です。テニス肘や、腰痛、…
  3. テニスの肩の怪我の中でもインナーマッスルの損傷、腱板損傷は厄介です。そのため、痛みの原因を知り、治療…
  4. テニス肘になった時の症状というと肘の曲げ伸ばしでの痛みや打球時の痛みでしょう!しかし、稀に悪化すると…
ページ上部へ戻る