テニスの肘の怪我、テニス肘とは?原因と症状を紹介

テニスの怪我と言ったら、テニス肘が有名です!テニスエルボーとも呼ばれますね。病院では、肘の腱鞘炎として治療されます

 

テニス肘になるとまず、湿布や痛み止め、サポーターやバンド、テーピングでの固定、それでもだめなら、針やツボ押しなどのマッサージなどの治療法を取り、最終的には注射や手術といった副作用の多い治療に移ります!

 

実は、悪化してしまったテニス肘はこのような治療法では治らないのです。手術はメリットよりデメリットの方が多く、テニスを二度とできない危険も多いため、ほとんどの人が注射の治療までやって効果がなく病院への通院をやめ、肘の痛みと付き合いながら生活しています!

 

しかし、テニスは生涯楽しめるスポーツですから、いつまでも痛むところなくやりたいですよね?病院に行ってもダメだったんだから、とあきらめずに久々に気持ちよくテニスをできるようにしませんか…

テニスの怪我、テニス肘になる原因と症状とは?

テニスをしていて、肘に違和感がある、痛みがある場合ほとんどの確率でテニス肘です!肘の関節が曲がらない場合は、肘の関節に骨棘という余計な骨が出来てしまっているかもしれないので、病院でレントゲンを撮ってもらってください!

 

テニスの肘の怪我である、テニス肘は肘の関節を動かす筋肉と上腕骨のつなぎ目である腱の炎症によって起こる痛みや違和感の症状名を指します!怪我の種類ではないので注意しましょう。

 

さて、ではなぜそのような肘の腱鞘炎がおこるのでしょうか?そしてなぜ病院ではテニス肘を完治させられないのでしょうか?

 

テニス肘になった方ならわかると思いますが、テニスが終わった後とか、打っている間に気づいたら痛みが出てきましたよね?テニス肘が、突発的な怪我ではなく、慢性的な疲労がたまって起こる怪我であるということがわかります。つまり肘の周りオーバーユーズしているということです。

 

肘の関節を動かしたり、固定したりするために筋肉が働くため、疲労し、衝撃を筋肉がばねの様に吸収できなくなった時に腱が傷つくのです。これが、テニス肘の仕組みです。

 

ならば、病院で行っているような湿布や薬の注射でその腱鞘炎を治せばいいのでは?と思いますよね!しかし現実軽いテニス肘だった方しか病院では回復していません。それどころか、通院中に悪化してしまう方もいるくらいです。

原因がはっきりしないと治療法も定まらない!

原因がはっきりしないと治療法も定まらない!

肘の腱鞘炎である、テニス肘の正しい治療法とは?

では、結局どのようにすれば肘の周りの筋疲労によるテニス肘の痛みは完治して、再発もしなくなるのでしょうか?

 

病院の治療法は、とにかく怪我した肘の腱鞘炎の炎症を引かせることだけにフォーカスしているものが多いですよね?

 

しかし、本当の正しいテニス肘の治療法は、炎症を引かせるだけでなく、炎症を起こしている原因となった筋肉にアプローチする方法なのです。

 

これは、テニスを知らないとできない他、ストレッチや運動について詳しく勉強をした先生でないとわからないことです!

 

きちんと信頼できる病院を見つけられるようにしましょうね。

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。また情報が最新ではない可能性があります。自己責任の下、専門家に意見を求めた上で完治を目指しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る