空気が乾燥して寒くなってくると、気になるのが指先や手のひび割れやあかぎれですよね?テニスをしている人は冬場どのようにひどい痛みやかゆみの対策をしているのでしょうか?一度なると冬の間は治らないですからね…。

 

今回は、テニスで指先や手にひび割れやあかぎれが出来てもテニスが出来る保護バンの治療効果について紹介します!

 

ひび割れやあかぎれは、家事や仕事でも悪化する可能性があるので日中は保護してあげる必要があります。乾燥肌トラブルを克服して楽しくテニスを出来るようにしましょう♪

テニスでのあかぎれやひび割れの保護バンを使った治し方!

あかぎれやひび割れの治療専用の保護バンは指先用や手のひら用など種類も豊富です!形としては絆創膏のガーゼのパッドがない感じです。関節の曲げ伸ばしやグリップとの摩擦ではがれやすい原因だったパッドがないので、はがれにくいのが特徴です。

 

もちろん防水加工が施されているので、水がしみることもありません。私はニチバンが出しているものを使いましたが、保護バンはどれもこれらの機能がそなわっているものがほとんどのようです。

 

では、テニスが原因で起こる手や指先のひどいあかぎれやひび割れを保護バンで治すことが出来るのでしょうか?

あかぎれやひび割れは冬場の手強い敵!

あかぎれやひび割れは冬場の手強い敵!

保護バンの効果!ひどいあかぎれとひび割れの治し方

私はテニスコーチという仕事柄いくら手が荒れていてもラケットを握らなくてはいけません。ですので、あかぎれやパックリひび割れが出来た時最初は絆創膏を貼っていました。

 

しかし、絆創膏だとどうしてもグリップとの摩擦でパッドの部分から、数分ではがれてしまうのです。次第にあかぎれの数も増えてきて痛そうな手に…。そこで今度は絶対にはがれないテーピングを直に患部に貼ることにしました。

 

これは、優秀で全く1日中テニスをしてもびくともしませんでした!テーピングは伸縮性もあるので、指先や関節等動く部分でも違和感なく巻くことが出来ます。しかし、1つ欠点が…。剥がすときがかなり痛いです!毎日お風呂で剥がすと少し治ってきたと思ったひびがテープをはがす反動でまたパックリ。

 

そこで、主婦の方が使うであろうひび割れやあかぎれ専用の保護バンを薬局で買いました。これも先ほど紹介したようにテーピングと同じようなつくりでした。患部に直接テープが触れます。

 

強度はテーピングよりは少し弱いですが、1日のテニスなら何とか持ちました!そして、なんと剥がす時は全く痛くないのです…。なぜだかわかりませんが、接着力が強い割には剥がす時皮膚が引っ張られないので、傷口も割れることなく治りが早くなりました!

 

このように、ひび割れやあかぎれは治したいけどテニスもしたいというわがままな要望に応えてくれるのが、保護バンです!今では様々な種類が薬局でも売られています♪

 

また、ひび割れやあかぎれを治すには、保護バンと合わせて毎日保湿と指先の血流を良くすることが大切です!皮膚の表面の新陳代謝が上がり、治りが格段に早くなりますよ♪

 

保湿と血流促進にダブルで効果があるのが入浴です!しかし、ただのお湯は表皮の油分を取ってしまいますし、市販の入浴剤では化学成分を含むものが多く傷ついたお肌には刺激が強すぎます…。

 

そんな時におすすめなのが、天然温泉の素や自然の成分のみで作った入浴剤です。

 

冬場は手だけでなく全身のお肌が乾燥しますし、寒さで血流も悪くなりがちです!一度お試しください♪

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る