テニスの手首の小指側の怪我の治療法、TFCC損傷の対策!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保出来ません。まずは病院で診断を受けたうえで完治を目指しましょう。

テニスの手首の小指側の怪我、TFCC損傷の治療法は、病院によって多少の違いはあるものの基本の考え方は同じです。それは、患部の炎症や痛み、腫れをなくし、本来の軟骨の働きを取り戻すことです。

 

しかし、TFCC損傷はテニスの怪我の中では厄介で、病院の治療で湿布での対処療法や注射での患部への薬の注射を数回行っても治らない事が多いのです!

 

テーピングやサポーターでの固定や注射、湿布、マッサージでの治療は一時的に痛みは引きますが、その後テニスを始めたら確実に痛みが再発し、完治するまでの期間がわからなくなってしまうのです。

 

なぜこのような状況になっているのか?病院に通っているのに治らないなんてどうすればいいの?と思いますよね!この痛みと付き合っていかなきゃいけないなんて嫌ですよね?

 

テニスは生涯スポーツとして楽しめて、何世代でも一緒に楽しめる本当に良いスポーツです!手首が痛いのを我慢したり、サポーターや痛み止めを使ったりとだましだましテニスをするのはやめにしませんか…

テニスの手首の怪我の治療法、手首の小指側が痛い、TFCC損傷とは?

TFCC損傷とは、あまり聞きなじみのない怪我の種類だと思います。同じ手首の痛みが出る腱鞘炎とは違い、軟骨の繊維が圧迫され続け損傷したり、最悪壊死してしまうこともあるのです!

 

右利きの人でいうなら、フォアハンドの時の右手首の小指側、バックハンドの時の左手首の小指側が痛いなら、TFCC損傷と思って間違いないでしょう。

 

さて、ではなぜ軟骨繊維を元に戻すような治療をすればいいとわかっていて、そのような治療法を病院では行っているのに、手首は完治せずに再発を繰り返すのでしょうか?

 

その理由は簡単です!確かに、サポーターなどで固定したり、アイシングしたり、注射で薬を打ち込めば、痛みや炎症は徐々に治まってきます。しかし、その後今まで通りテニスしたら同じように軟骨繊維を痛めるに決まっていませんか?

 

もう気づきましたよね?TFCC損傷というテニスの怪我の原因は、テニスの打ち方に問題があるのです!確かに手首の小指側の痛みの原因は関節内の軟骨の損傷ですが、その損傷を起こす原因まで病院では面倒を見切れないのです!

手首の怪我はプロでも長期離脱の可能性がある怪我!

手首はプロでも長期離脱することのある怪我が!

テニス特有の手首の怪我、TFCC損傷の正しい治療法とは?

では、そんな手首の怪我TFCC損傷の正しい治療法とはどのようなものなのでしょうか?

 

みなさん驚かれるかもしれませんが、湿布、薬の患部への注射全て必要ありません!

 

私自身選手時代はこのTFCC損傷に悩まされましたが、トレーナーさんからの紹介で教えて頂いた治療のストレッチやリハビリ運動を行うだけで、自分で治すことができました。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る