テニスの怪我の治療法!肩甲骨の内側が痛い時の対処法!

テニスの肩甲骨の怪我で多いのが、背中の中央部の肩甲骨を内側に寄せる筋肉の損傷です。テニス肘や、腰痛、膝痛に比べると少ないですが、テニスはサーブでも、ストロークでも背中の筋肉を使い肩甲骨を支えているため、疲労も衝撃も加わりやすい場所ではあります!

 

テニスの肩甲骨の怪我の治療法は、病院に行くとレントゲンを撮って、骨に異常があるはずもなく、湿布をもらって帰るだけです。しかし、放っておくと完治どころか、再発や肩、腰、首の筋肉にも影響を及ぼし、痛みが出ることがあります。

 

つまり、肩甲骨の怪我の正しい治療法を知っておかないと、無駄に診察費はとられるわ、治らないわで大変なことになってしまうのです。

 

ですから、自分で正しい情報をつかまなくてはいけません!しかし、インターネットには、怪我についてのサイトが多すぎて、どれが正しいのかわからなかったり、似たようなサイトが多くなんだか胡散臭いことが多いのです。

 

そこで、私が選手時代にお世話になった背中や肩甲骨の不調や痛みに効果のある治療・ストレッチプログラムのサイトをおすすめしますので、背中の痛みに耐えられない!という方や、少し参考にしたいという方は見てから続きを読んでください…

テニスの怪我の治療法!肩甲骨の内側が痛い原因は?

肩甲骨を寄せる内側の筋肉は、テニスのサーブのトロフィーポーズの時に縮み、振りぬくときに瞬間的に伸ばされます。また、ストロークの際も同じことが言えて、テイクバックの時に背中の筋肉が内側に寄り、フォロースルーで瞬間的に伸ばされます。

 

つまり、この肩甲骨の動きについていけるほど、筋肉が柔軟性と筋力を持っている必要があります。縮んだところから伸びる柔軟性や、フォロースルーの時の急激な伸びを止められるだけの筋力が必要なのです。

 

肩甲骨の内側の筋肉がテニスの疲労が溜まっていたり、普段の姿勢が悪かったり、仕事で同じ姿勢でいたりするとコリ固まり、柔軟性も筋力も発揮できず、痛めてしまうのです。

肩甲骨の周りを柔らかく使えないとサーブが打てない!

肩甲骨を上手く使えないとサーブが打てない!

テニスで肩甲骨の内側を怪我したときの正しい治療法!

では、上のような原因で、テニス中に肩甲骨の内側を怪我した時はどのように治療すればいいのでしょうか?痛い内は鍛えることも、柔軟性を高めることもできませんよね?

 

ですので、普段立っているだけでも痛い場合は、テーピングで肩甲骨の位置がずれないように筋肉の代わりをしてあげましょう。そうしないと、肩や首、腰に影響が出ます。痛みがなくなるまでは安静にしましょう。痛いことは避け、テニスも禁止です。

 

しかし、痛みが普段の生活では出ないくらいになってきたら、逆に徐々にリハビリがてら動かして刺激を筋肉に与えることが早く治す秘訣です!同じ姿勢でいたら筋肉が凝り固まるのと一緒で、痛みがあるからと言って安静にしすぎると筋肉の固さが取れないのです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆






※当サイトで紹介した治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る