テニスの怪我、歩けない程の股関節痛の原因と症状とは?

テニスの怪我の中でも、太ももの付け根にある股関節を痛めることがプロテニスプレーヤーにも多く起こります。歩けない程の股関節痛を発症する怪我も成長期のジュニアからシニア世代まで多く報告されています。

 

足の怪我というと膝痛が一番多いですが、骨盤に直接つながる股関節は正しい治療法を行う必要があります。全身のバランスがくずれ、腰痛や肩こりの原因にもなるのです!

 

この正しい治療法というのに落とし穴があり、病院で診てもらえば安心と思っている方が多く、そのような方が完治までの期間が必要以上に長くかかったり、テニスで股関節痛を再発したりするのです。

 

 

では、どのように正しい治療法を探すの?と思いますよね。最近は病院に行かなくても専門医の治療プログラムを自分で出来るようにインターネット上で情報が出回っています。その中でも私が選び抜いたのが…

テニスの怪我、歩けない程の股関節痛の原因とは?

テニスの怪我の中でも歩けないほど痛い股関節痛は、よっぽどの衝撃や、疲労の蓄積、オーバーユーズが

ない限り起きません!大抵の歩けるくらいの股関節痛は、太ももや尻部分の筋肉が張り股関節が動きにくくなっていることで起きます。

 

歩けない=関節内に異常がある、筋肉が切れているかのどちらかです。前者は股関節唇損傷という関節の怪我で、後者は股関節の疲労骨折といえます。

 

前者は、強い衝撃が股関節に加わったときにに起こり激痛が走り救急車を呼ぶほどのもので、後者は、太ももの筋肉が凝り固まり、骨盤にくっつくところにストレスがかかりやすくなることで起こる骨折です。

 

ここまで行ってしまうと病院に行き、精密検査を受けて固定や、手術が必要になります。歩けないわけですから、まずは原因である関節や骨の異常を治しましょう。実際、ここまでの股関節の怪我はテニスではほとんどの場合起きません!

股関節の怪我は正しく治さないと腰痛にも...

股関節の怪我は正しく治さないと腰痛の原因に!

テニスでの股関節の怪我の原因は、ほとんどが筋肉の疲労!

つまり、テニスで股関節が痛いという方は、ほとんどの場合筋肉が凝り固まっていて動きにくい状態でテニスをしていることで起こるのです。この場合病院で言われた通り安静にしたり、湿布をもらったりしてもあまり効果はありません!

 

なぜなら、凝り固まっている筋肉は動かしたり、ストレッチをして伸ばしてあげる必要があるからです!

 

当たり前のことですが、お医者さんも人間ですので、高齢者医療が得意、交通事故などの外傷の治療が得意、スポーツ障害が得意などあります。もちろんどの範囲の知識もある優秀な方たちです!しかし、問診などを受けるとわかると思いますが、テニスの体の使い方について無知だなと感じることもあるのです。

 

つまり、テニスを完璧に知っているお医者さんが街にいることは稀だということです。だから本質を突いた治療が出来ず、悪化や再発を繰り返す可能性があるのです。

 

私も股関節痛をわずらったことがありますが、動けないわ、打つときに力は入らないわストレスが溜まった覚えがあります!その時に所属するチームのトレーナーさんに教えてもらったストレッチや治療法で1週間で完治することができました。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆






※当サイトで紹介した治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る