テニスのマメの予防法!親指、人差し指にマメが出来る原因とは

テニスで厄介なのが、手の指に出来るマメですよね。噂ではマメの出来る場所によって上手下手が分かるとか…。そもそもマメは何が原因でテニスをする私たちの手に出来るのでしょうか?やはり下手だとできやすいんでしょうか?

 

今回は、テニスのマメの予防法として、親指と人差し指にマメができる原因について書いていきます!

 

ラケットが握れないからと言ってテーピング等でぐるぐる巻きにすると指先ならいいですが、手のひらにまでかかってしまうとグリップの感覚がおかしくなり上手く握れなくなります!では、そうなる前にどのようにマメを予防すればいいのでしょうか?

関連記事1:マメが中指・薬指・小指に出来る原因とは?

関連記事2:マメの場所でテニスの上手い下手が分かるってホント…?

テニスのマメの予防法!手の親指と人差し指にできる原因

今回は手の中でもテニスをしている多くの人にマメが出来る親指と人差し指にマメが出来る原因とその予防法について紹介していきます。

 

親指のマメの出来る場所と言えば、ちょうど関節の部分の内側です。この場所にマメのないテニスプレーヤーはいないと思います。もしないとしたらまだテニス初心者でしょう!マメになるのを繰り返して最終的に皮が分厚くなっていることが多いですね。

 

人差し指のマメが出来る場所と言えば、親指との境目の指の付け根の側面です。ここもマメが通常テニスをしていれば出来る場所です。

 

では、なぜこの2つの場所には誰でもマメが出来るのでしょうか?
Rafael Nadal

テニスで手の親指と人差し指にマメが出来る原因!

そもそもマメは、皮膚に対して圧力と摩擦が加わることで起こる水泡や皮膚のめくれが起こる怪我です!皮がめくれてしまうと、普段空気に触れない部分が表に出てしまい赤みがでて痛みを伴います。

 

つまり、テニスプレーヤーなら誰もが出来る親指と人差し指の皮膚には必ずサーブやストローク、ボレー、スマッシュ等のショットでラケットが当たっているということなのです。

 

でも、ラケットを握っているところにマメがないんだけどと思った方もいると思います。それは、ラケットが必ずショットの際に手の中で動いてしまうからなのです。今自分が握っているグリップもスイングの最中に必ず手の中でずれるのです。これはプロの選手でも誰でも同じです!

 

つまりこのラケットが手の中でずれることによるグリップと手の親指と人差し指との摩擦がマメの原因なのです!

テニスの親指や人差し指にマメが出来ないようにする予防法!

この親指や人差し指に関してはどんな打ち方をしていてもラケットが当たりますので、オススメの予防法は皮が分厚くなるまで何度もマメを作ることです!

 

もちろんテーピングなどで皮膚を保護してもいいのですが、どうせいつかはマメになる部分なので何度もマメを作っては潰して消毒をしてを繰り返すといつの間にか魚の目のような分厚い皮膚ができ、マメが出来なくなります。

 

このように、テニスの手に出来るマメ、特に親指と人差し指は誰でもなる怪我なので何度か痛い経験をして、皮が分厚くなるのを待ってみましょう!

グリップの滑り具合や、肌の乾燥状態によってもマメの出来やすさやできにくさは変わってきますので、特に冬場の乾燥するシーズンはあかぎれやひび割れの対策のためにも保湿を気を付けてすると良いですよ♪

 

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!



※当サイトで紹介した治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る