テニスのマメが指に出来ないようにする予防法と対策!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスでは柔らかい皮膚、特に手の指の辺りにマメが良くできます!これは初心者だからなりやすいとか、下手だからたくさんマメができるとかテニスのレベルに関係することはありません。

 

今回はテニスのマメが指に出来る原因と出来ないようにする予防と対策について紹介します!手のひらや足のほかにも親指から小指まで指にもマメができ、水ぶくれのようになることが多々あります。

 

ラケットは上手くても打球の際に確実に手の中で動きますのでマメが出来たからといって何か技術的に欠点があるとは思わずに、痛みが悪化しない程度にテニスを続けてください♪

テニスで出来る指のマメや水ぶくれの原因とは?

まず、テニスに限らずなぜマメが手や足、指に出来るのかを考えましょう。マメは柔らかい皮膚に負荷がかかることで起こります。たとえば、久しぶりにバッティングセンターに行ったとき、手が赤くヒリヒリしたり、人によってはその場でマメができたりしますよね?

 

テニスのラケットは野球のバット程重くないため、マメになる可能性は低くなりますが指先のような柔らかい皮膚の場所にはラケットのグリップさえ当たっていれば、マメになってしまうのです。

 

では、マメができるメカニズムがわかったところで、テニスでマメができる具体的な原因を考えてみましょう。

グリップが指にあたりやすい握り方をしている

これは個人個人で違うので何とも言えませんが、指や手のひらの皮膚に負荷のかかりやすい握り方をしているとマメが出来やすいと言えます。自分が意識的に握っているときは当たっていなくても、インパクトの際にグリップがずれて当たっている可能性があるのであまり気にする必要はありません。

ラケットのグリップに問題がある

グリップの太さが自分の手の大きさに合っていなかったり、元のグリップのままテニスをしていたり、滑りやすい素材のグリップを使っていたりするとラケットが手のひらの中で動くのでマメになりやすくなります!

ナダルはいつでも指先にテーピングを巻いている!

ナダルはいつも指先にテーピングを巻いている!

テニスで出来る指のマメの予防と対策術!

では、このような原因をどのように解消し、テニスでラケットが握れなくなるようなマメを予防・対策していくのかを紹介します!

よく当たるマメができる部分にテーピングを貼る

これが一番の予防法でしょう!どんな対策をしてもマメはテニスをしていればできます。特に練習熱心な方は、たくさんボールを打つのでならないことはありません。ですから、よく当たる部分やマメになる前に赤くヒリヒリしてきた部分にテーピングを巻くといいです!

 

直に皮膚とグリップが当たり摩擦が起きなければマメになることはありません。この方法の欠点としては毎練習前にテープを巻かなくてはいけないことと、グリップが若干べたべたになることくらいでしょう!

元グリップではなく季節に合わせたオーバーグリップを巻く

グリップサイズが細い方や元グリップでテニスをしている方には、オーバーグリップを巻くことをおすすめします。

グリップが多少太くなりますし、元のグリップよりも柔らかい持ち心地になるので手の皮膚への負担が減ります。また、夏は汗をかいて滑らないようにドライグリップを巻いて、冬は乾燥しても滑らないようにウェットグリップを巻くといいでしょう!

このように、テニスで指にマメができるのは仕方ないのでそれをいかに予防・対策するかが大切になります。また、マメが出来てしまったら、3日程治るまで待つか、消毒した張りで水ぶくれをつぶして消毒するようにして下さい。

くれぐれも膿んだりしないようにケアをしてくださいね!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る