テニスのふくらはぎの怪我や痛みはストレッチで予防!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスではふくらはぎの怪我である肉離れや筋膜炎が多く発症します!ふくらはぎの怪我は完治せずに復帰すると再発や悪化の危険性もある厄介な怪我です。

そのため、少しでも痛みや張りがふくらはぎに出たら、ストレッチをして怪我を予防する必要があります!筋肉の怪我は骨や関節の怪我と違いなかなか治らないことが多いので、治療する段階になる前に食い止めたいところです。

さて、あなたはテニスの前後にストレッチをしていますか?しかし、このストレッチ、やり方を間違えると怪我する確率を上げてしまう可能性があるのです!今回は、テニス前後の正しいふくらはぎの怪我予防ストレッチのやり方について紹介していきます!

テニスのふくらはぎの肉離れや筋膜炎等の怪我を予防するストレッチ法!

テニスや運動の前には必ずストレッチをしているから、筋肉系の怪我はしないはずだ!と思っている方は要注意です。やり方を間違えると、逆にふくらはぎの怪我をしやすい状態の身体になってしまうことがあるのです。

テニス前とテニス後、入浴後の3回は1日でストレッチをしてほしいものです!その3回に分けて今回は紹介していきますので、試してみてください♪

運動前後、就寝前にはストレッチを♪

テニス前後、就寝前にはストレッチを♪

 

テニス前に行うふくらはぎの怪我予防ストレッチ!

さて、あなたはテニスの前にどんなストレッチをしていますか?軽くランニングしてから、座ってストレッチをしたり、アキレス腱のストレッチをしたりですかね。

もしあなたが、先に書いたようなストレッチをしているのであれば怪我をしやすい体でテニスをしていることになります!

なぜなら、止まってストレッチをすると筋肉が緩みすぎてしまい、力が入りにくくなってしまうからです。これは聞いたことがある方も多いかもしれません!運動前の静的なストレッチは怪我予防には逆効果なのです。

そのため、テニスの前にはダイナミックストレッチという動かしながら関節の可動域を広げ、筋肉にも刺激を与えるストレッチ方法がおすすめです!運動前は筋肉を伸ばすのではなく、刺激を与えることを意識してください♪動画を参考にしながら動かしたりないところは各自で行ってみてください。

テニス後に行うふくらはぎの怪我予防ストレッチ!

テニス後のケアはどのようなことをしているでしょうか?すぐにロッカールームでシャワー浴びて、着替えて帰るなんてことしていませんか?

テニス後のケアは次の日からの怪我防止のために絶対に欠いてはいけません。テニスの練習後や試合後に身体が温かい内に長い時間をかけて静的ストレッチを行ってください!

ふくらはぎに関していえば、ふくらはぎの下部アキレス腱側と上部膝側を分けて1分ずつ程伸ばすように意識してください!ふくらはぎの下部を伸ばすには、しゃがんで片方の足を正座の状態にして前に体重をかけるストレッチが効果的です。上部を伸ばすには、長座体前屈や普段行うようなふくらはぎのストレッチが有効です。

入浴後から就寝前に行うふくらはぎの怪我予防ストレッチ!

入浴後に身体が温かい内に行うようにして下さい!体がほぐれていると睡眠の質も変わってきます。

やることは練習後とほぼ同じでゆっくり気持ちいい程度に伸ばすようにして下さい!また、1日の最後に身体のコリを取るためにテニスボールを使って全身のコリをマッサージするのも有効です。

例えば床に座ってふくらはぎの下にテニスボールを置き、左右前後に動かしてマッサージをするような感じです♪とても気持ちいいので、リラックス効果が高まりより身体を緩めることが出来ます!

このように、テニスでふくらはぎの怪我を予防するにはストレッチを使い分ける必要があります!せっかくストレッチをしているのに、無意味どころか、怪我をしやすい体を作ってしまっていたらもったいないですよね。

これからは、身体の感覚を研ぎ澄まして怪我をする前にストレッチやマッサージで体を整えるように心がけましょうね♪

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る