テニスのふくらはぎの怪我の湿布を使った治し方!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで、ふくらはぎに肉離れや筋膜炎などの怪我をした時に湿布を使って治す方法を教えてくださいと聞かれることが多いのでまとめてみます。

ふくらはぎの怪我は筋肉が炎症を起こすことが原因で起こる痛みや違和感が症状として多いでしょう!そのため、湿布薬や痛み止めの薬を使った治療法を病院で望む人もいます。しかし、その効果や使い方を正しく理解しないとなかなか怪我が治らないこともあるでしょう。

さて、あなたはどこかが痛い時湿布で痛みを緩和したり、痛み止めをすぐに服用したりしていませんか?

テニスのふくらはぎの怪我の湿布を使った治し方!

さて、テニスでふくらはぎに痛みを感じたときの怪我としては先に挙げた肉離れと筋膜炎がほとんどでしょう!アキレス腱炎なんかもありますが、ふくらはぎというよりかはかかとから足首の痛みに近いのでここでは扱いません!

さて、ふくらはぎの筋肉の怪我を湿布や痛み止めで治すことはできるのでしょうか?

ふくらはぎの怪我と湿布や痛み止めの相性とは?

湿布や痛み止めとふくらはぎの怪我は相性がいいです!特に筋肉の怪我に湿布は効果的です。抗炎症剤や鎮痛剤を含んでいますので。逆に痛み止めは感覚を麻痺させて痛みを感じないようにしているだけですので、あまり治療の効果はありません!

さて、ふくらはぎの怪我や痛みに効果的な湿布の選び方、貼り方や貼る場所、注意することについて紹介します。

湿布の選び方として大切なのは、消炎剤を多く含むものを選ぶことです!あまりにも痛みが強く寝られないという場合は鎮痛剤を含むものを選んでもいいかもしれませんがおすすめはしません。

貼り方や貼る場所は肉離れや筋膜炎を起こしている押したら一番痛いところを中心に筋肉に沿って貼ることをオススメします。たとえばふくらはぎは縦方向に走っている筋肉ですので、それに沿って縦方向に伸ばして湿布を貼るといいでしょう。サポーター効果も少し出ます!

また、注意としては湿布で根本からふくらはぎの肉離れや筋膜炎が治ることはないということです!もちろん長い時間かけて休養しながら湿布を貼っていれば治るかもしれませんが…。

湿布の効果はその場の痛みしのぎであることがほとんどです。貼っている間は痛みも緩和され、炎症も回復の傾向に。しかし、一旦効果が切れると痛みも出ますし炎症も再発します。そのため、それで治ったと思ってテニスをして再発を繰り返す方も多くいます。

確かに、痛みも減り日常生活での不自由を減らしてくれる湿布や痛み止めは便利ですが、あまり大きな治療効果を求めないようにしましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る