テニスのふくらはぎの怪我の治療法、筋膜炎を治す方法!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスのふくらはぎの怪我として、錦織圭も悩まされるのは筋膜炎です!軽度や一歩手前の肉離れと診断されることが多いです。そんなふくらはぎの筋膜炎の原因や症状をきちんと理解して、治療法や再発の予防法を考える必要があります!

 

テニスは足ニスと言われる程、足腰が重要な役割を果たします。もちろん手首や肘や肩のケアは重要ですが、下半身のケアも忘れずに行うことが大切なのです。

 

特に、ふくらはぎの筋肉の怪我や痙攣は肉離れを起こしやすくする原因にもなりかねません!筋肉の怪我は骨折よりも複雑で完治が難しいともいわれる程です。しかし、正しい治療法を知っていれば全く怖がる必要はありません。では、その正しい治療法を紹介します。

テニスでふくらはぎに痛みが出たら筋膜炎。原因と症状を紹介!

テニスでふくらはぎにビーンッと響くような痛みが走ったときは基本的に軽い肉離れか筋膜炎です。さて、では筋膜炎とはどのような症状なのか、何が根本の原因なのかという問いに答えていきたいと思います!

 

筋膜炎は、テニスのふくらはぎの痛みや熱感の症状の出る怪我です。筋肉の繊維を束ねてまとめる表面の膜に過剰なストレスがかかり炎症を起こすことが原因です。

 

その過剰なストレスを生んでいるのが、ふくらはぎの筋肉の固さです!筋肉が固いと、筋膜もそれに比例して柔軟性のない、伸びにくい性質になってしまいます。先にも言いましたが、テニスは足腰を特に疲労しやすいのでこの筋肉の張りも以上な程強くなることがあるのです。

 

このふくらはぎの筋膜へのストレスをどれだけ減らせるかが、筋膜炎の治療法にかかっているのです!

プロもふくらはぎの怪我には悩まされる!

プロもふくらはぎの怪我には悩まされる!

テニスのふくらはぎの怪我の治療法、筋膜炎は肉離れと同じ方法?

では、具体的にどのような方法でふくらはぎの筋膜炎の治療をしていけばいいのでしょうか?簡単にいうと、筋膜炎も肉離れも治療法自体はさほど変わりありません!

 

なぜなら、肉離れは筋膜炎+筋繊維の断裂だからです。つまり、応急処置を正しく素早く行い痛みが取れるまではテーピングや包帯で固定し安静にして、その後筋肉の張りを取り除くという手順で治療を行うのです!

 

まず、応急処置については、RICE応急処置法を行います。怪我をしてから72時間以内はこの応急処置法を繰り返すことで怪我の完治までの期間を短縮することにつながります。Rは安静、Iはアイシング、Cは圧迫、Eは(心臓より上に)挙上を意味します。凍傷や血流不良にならないようにだけ気を付けながら、この4つの処置を正確に行ってください!

 

次の固定して安静というのは、炎症が治まり日常で歩く程度なら少し違和感がある程度になるまで続けます。特にこの期間に意識することはありませんが、あまり風呂などで温めない方がいいです。

 

そして、痛みがほぼなくなったら、今度は軽い運動とストレッチでふくらはぎの筋肉をほぐしていきます!このリハビリの段階を飛ばしてテニスを始めてしまうと再発のリスクがとても高まるのです!この段階に来たら、入浴は長めに行い市販ではない天然成分の入浴剤などを入れて身体を温め血流を最高にしましょう。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る