テニスのふくらはぎの怪我の予防法!肉離れのリハビリ方法

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで痛みの出る怪我で多いのが、肉離れ。特に足の太ももやふくらはぎの肉離れはプロテニスプレーヤーからシニアまでなることのある怪我です!また、肉離れは一度なってしまうと再発や完治せずに悪化してしまうケースが多い怪我です。テニスの復帰に時間がかかってしまいます。

 

今回は、ふくらはぎの肉離れの怪我の再発予防法として、テニス復帰前にやっておきたいリハビリ方法を紹介します!

 

ふくらはぎに限らず、怪我をしたら復帰前には必ずリハビリを行いましょう!せっかく復帰したのにテニスをしてまた肉離れをしたら楽しくありませんからね!

 

テニスのふくらはぎの怪我、肉離れはリハビリで予防する!

そもそもリハビリの意義はご存知ですか?日本ではトレーナーさんじゃないとあまり知らないかもしれませんね。リハビリが軽視され、痛みがなくなればもうすぐにランニングなどの全身運動を開始する感じではないですか?

 

人は怪我をするとその筋肉や関節や靭帯の働きを抑えて安静につとめ、その周りの筋肉でその働きを補助しあいます。その後、怪我が治っても、治った筋肉は自分の役割を忘れ、周りの筋肉は自分の役割と補助していた役割の分働き続けます。すると、今度は補助していた筋肉が過労で怪我をし…という悪循環が起こりかねないのです。

 

つまり、リハビリには怪我した部位の強化だけでなく、忘れていた役割を思い出させる働きがあるのです!そのことを意識して、次にあげる具体的なリハビリメニューに取り組んでください。

Warm up

ふくらはぎの怪我の予防に使えるリハビリメニュー

さて、ふくらはぎの機能を戻し、肉離れや筋膜炎を起こした部分を完全に治すために使えるリハビリメニューを紹介します!リハビリは筋トレとは違うので、回数も負荷も無理なく痛めていた筋肉が多少疲れたなくらいの回数や時間でやめてください。

 

今回紹介するリハビリメニューは3つです。

 

まずは、カーフレイズ(伸脚版)です。両足を肩幅くらいで地面に膝を真っすぐに伸ばして立って、手を柱や壁に付けます。そしてそのままつま先立ちをして、かかとを地面ギリギリまで下げてを繰り返します。ふくらはぎで痛めた部分に痛みが出ずに熱くなってくる感じがわかれば結構です!

 

次は、カーフレイズ(膝曲げる版)です。これは先ほどのカーフレイズで伸ばしていた膝を少し膝を曲げるだけです。膝がつま先よりも前に出ないように注意しながらかかとの上げ下げを行ってください!1つ目のものよりもふくらはぎ下部の足首側に効いているはずです。

 

最後は、ふくらはぎのマッサージです。カーフレイズを行った後や入浴後でふくらはぎが温まったら、ふくらはぎのマッサージを行いましょう!全体をやってもいいのですが、特に痛めた部分が固く少し分厚くなっているので、そこを痛みが増えない程度に強く薄くのばす感じでマッサージします。そうすることで、離れていた筋肉や筋膜の接着が強くなります!

 

このように、テニスでふくらはぎを怪我したらリハビリまでしっかりと行い、次に同じ肉離れや筋膜炎を起こさない工夫をすることが重要なのです!リハビリを初めて数日経っても痛みが増さなければテニスに復帰してもOKです。

 

しかし、治ってからも筋力が戻るまではテニス直前にカーフレイズを行ってからテニスするようにしましょう!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る