テニスのふくらはぎの怪我、テニスレッグの原因と症状の重症度

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで起こるふくらはぎの怪我というと、肉離れや筋膜炎などの筋肉に痛みや違和感の出る怪我です。良くテニスで起こる怪我の種類なので、テニスレッグとも呼ばれます。テニスレッグは重症度によって治療期間も再発の危険性も全く違います!

 

そこで、今回はテニスのふくらはぎの怪我、テニスレッグの原因と症状からわかる重症度についての知識を紹介します!

 

あなたがテニスをしていてふくらはぎに痛みを感じるなら、怪我のきっかけを感じていなくても筋肉が軽度な肉離れを起こしている可能性があります!筋肉痛とは違う痛みを感じるのであれば、それは肉離れです!正しいテニスレッグの知識と対処法を知り、自宅で治してしまいましょう♪

テニスのふくらはぎの怪我、テニスレッグの原因と症状

さて、あなたは自分のふくらはぎがなぜ肉離れの症状を起こし、テニスレッグの状態になってしまったのか原因を理解していますか?また、自分の痛みや腫れの症状がどのくらいの重症度であるかを感じていますか?

 

この2つの原因と症状に関して正しい知識を持っていないと、治し方もその後の予防のためのリハビリトレーニングも正しい取り組みが出来なくなってしまいます!

 

さて、テニスレッグの原因はあなたのどこにあったのでしょうか?

自分の体を柔らかく保つことが大切!

自分の体を柔らかく保つことが大切!

ふくらはぎの肉離れの怪我、テニスレッグの原因

通常、テニスレッグは外からの衝撃で起こるものではなく、自身の筋肉の状態が原因となり起こるものです!その状態とは、筋肉が疲労や緊張で固まっている状態です。

 

筋肉は固まってしまうと柔軟性がなくなります。そのうえで、走る・跳ねる・踏ん張るなどの足に負担のかかる動作をすると伸びない筋肉が急激に伸ばされるため、ブチッと断裂してしまうのです。

 

ふくらはぎは、プロのテニス選手やジュニアでバリバリ試合に出ている選手であれば疲労で固くなりやすく、ウィークエンドプレーヤー等の週1回程度の頻度であれば仕事の時などにふくらはぎをほとんど使わない事によって固くなりやすいです。この筋肉の固さこそが、テニスレッグの原因なのです。

ふくらはぎの肉離れの怪我、テニスレッグの症状と重症度

テニスレッグは、つるのと似たような感じで筋肉に痛みが走ります。テニスレッグの方が症状は重く、なる時に筋肉が体の中でブチッと切れる音がすることもあり、痛みもつるよりも重いことがほとんどです。

 

また、重症度は3段階で分かれていて、1度、2度、3度となるにつれて重い怪我ということになります。あなたがどの重症度に当てはまるのかを確認してみてください。

 

1度は、筋肉が引き伸ばされた状態で筋肉には断裂がありません。なので、なったときも特にきっかけを感じずにテニスが終わった後に筋肉痛よりも強い痛みを感じる程度です!

 

2度は、筋肉に部分断裂、筋膜に損傷がみられ、痛みや腫れや内出血などが症状として起こります!歩けるけれども痛みが強いとか、力は入るけど歩くのは辛いという感じです。

 

3度は、筋肉が完全に断裂してへこみができ、押すと強い痛みを感じます!力も入らず、筋肉を収縮させることが出来ません。1日経った頃になると大量の内出血が起こり足がパンパンになります。しかし、1回の肉離れでこの症状になる場合はほとんどなく何度も再発を繰り返すことでなる重症度です!

 

このように、テニスレッグは筋肉の状態を良好に保てればならない予防や対策の出来るふくらはぎの怪我です。しかし、一回なってしまうと、同じところを何度も肉離れしやすくなってしまいます。一度離れてくっつく際にやはり強度は落ちるからです。

 

つまり、いつでもテニスをする時には自分の身体の状態を感覚的に感じ取り、いつもよりも入念にアップをしようとか、今日は無理しない程度にテニスをしようとか変えられるようになるといいのです!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る