テニスのすねの怪我の治療法、シンスプリントの対策!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスのすねの怪我といったら、ほぼシンスプリントでしょう!病院の治療法では、まずレントゲンを撮って疲労骨折がないか確認しますが、激痛が局所的にない限りは、骨に異常がないことが多いです。シンスプリントと診断されると、安静にすること、痛み止めのための湿布薬が処方されます。

 

しかし、このシンスプリントの治療法では再発しない完治の状態に治すまで時間がかなりかかります。その理由と正しい治療法は後でだんだんとわかってきます!

 

シンスプリントを早く治したい、テニスの時に痛みなくできるようにしたいという方は多いと思います。そんなすねの痛みにお悩みの方に、私がおすすめの治療法を紹介します…

テニスの怪我、シンスプリントが病院の治療法では完治まで時間がかかる理由

病院での治療法としては、安静第一という方針にのっとって行うことが多いです。確かにこの方法なら悪化はしないですし、湿布を患部に貼る対処法は痛みを和らげることがあります。しかし、ただ安静にしているだけ、ただその場しのぎで痛みをとる湿布薬での対処だけでは、シンスプリントは完治しません!

 

なぜなら、その方法はシンスプリントの本当の原因にアプローチできていないからです。確かにすねが痛い原因は、すねの骨が骨膜炎を起こしていることにあります。しかし、その炎症を起こしている原因を対処していかないと完治しませんよね?

 

シンスプリントの本当の原因は2つ、すねの骨を支える足部の骨の変形・アーチの減衰、ふくらはぎの筋肉の柔軟性の欠如です。

 

人間は靴を履くようになってから、地面を足で捉え、掴む感覚が衰えたと言われています。そのため、足の指が縮こまり足のバランスが悪くなる、外反母趾や内反母趾になる人が増えたのです。決して靴がきついから変形したわけではありません。

 

また、偏平足という足の土踏まずがないぺったんこな足裏をしている人も多くなってきました。これも足裏の筋肉や骨格が原因とされています。

 

これらのすねを支える骨が正しい位置になかったり、土踏まずなどの衝撃吸収能力のある部分が消滅したりすると脛に大きな衝撃が直に加わるようになり、シンスプリントの原因になるのです。

 

もうひとつは、すねの骨にくっついている、ふくらはぎやすねの筋肉の柔軟性の欠如がシンスプリントを引き起こす原因になっています。筋肉は関節を動かすモーターの役割をするとともに、衝撃を吸収するばねとしての役割も果たします。

 

つまり、柔軟性がないとこのばねの機能が落ち、脛の骨と筋肉がつながる部分に衝撃が直接伝わり、炎症と痛みを感じるようになるのです。

テニスでの足への負担は計り知れない!

テニスでの足への負担は計り知れない!

テニスでなったシンスプリントの正しい治療法とは…

では、これらのシンスプリントの原因の解消法にはどのようなものがあるのでしょうか?テニスのすねの怪我の正しい治療法をお教えします!

 

と言いたいところなのですが、正直ここに私が経験したシンスプリントの治療法を事細かに書くのは難しいので、教材を探しました。

 

まずは、足の骨のバランスやアーチがないことですねに衝撃がかかっている場合は、足部の骨の位置を正しくし、足全体で衝撃を吸収できるようにする必要がありますよね!また、ふくらはぎの筋肉が固く、柔軟性が低くなっている場合は、それをほぐすストレッチが必要になります!

 

足の関節を正しい形に戻すには、テーピングでの補強が重要になります。その方法とは…

 

ストレッチに関しては、今まで行っていた筋肉を無理やり伸ばす痛みを伴うストレッチではだめです。伸びるどころか、脳が痛いと感じもっと固くなってしまいます。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る