テニスで足首の怪我を予防するリハビリトレーニング!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスで足首の捻挫や靭帯損傷などの怪我をすると、癖になり再発の恐れが高まります!テニスをする際に捻挫癖を予防するには、リハビリで足首周りのトレーニングをするのが一番効果的です。サポーターやテーピングに頼り切りだと根本的な原因の解決にはなりませんからね。

 

そこで、今回はテニスで足首の捻挫などの怪我を予防する、リハビリトレーニング法を紹介します!

 

あなたは捻挫や靭帯損傷のなどの怪我をした後、しっかりとリハビリやトレーニングを重ねて再発防止をしてからテニスに復帰しましたか?痛みや腫れが引いたからといって、そのままテニスを始めると後に何度も捻挫に苦しめられることになりますよ…

テニスでの足首の怪我を予防するリハビリと筋トレ

さて、あなたはリハビリや補強筋トレについてどのような知識を持っていますか?怪我の治療後のリハビリの効果を知らないとめんどくさくなって途中でリハビリや補強トレーニングをしなくなります!

 

怪我をした関節や筋肉は治すことに専念し、安静をある程度の期間保つため、本来の運動機能を一度抑制します。例えば、テーピングやギブスなどで固定をしていたら、その関節は可動域が狭くなります。筋肉も同様に生み出せる力や柔軟性が低下します!そのまま、テニスに復帰したらどうなるかはもうわかりますよね?

 

そんな関節の可動域や筋力、柔軟性を戻し、今まで以上の身体に出来るのがリハビリの効果です!強い選手は怪我を経て身体も心も強くなって帰ってきますよ。

ナダルは怪我をしても何度でもトップレベルに!

ナダルは怪我をしても何度でもトップレベルに!

足首の捻挫などの怪我の予防に使えるリハビリ

では、これから具体的にリハビリメニューについて書いていきます!動きも効果も地味なものが多いですが、ぜひ続けてみてくださいね!

 

まずは、関節の可動域を広げる&足首周りのすねやふくらはぎの筋力を鍛えるリハビリから。このメニューを行う際はチューブ等の軽い負荷があるとより効果的です。基本的には椅子に浅く腰掛けて姿勢を良くしてから、かかとを地面につけつま先にチューブをひっかけます。そのまま足首の角度が90°よりも小さくなるようにチューブを引っ張ります。そしてその負荷をかけたままつま先を上下に動かしてください!

 

足首の関節が大きく動くように意識してチューブの張力に負けないように丁寧に筋肉を動かしましょう。

 

次は、足首の安定性を高める足の裏の筋肉を鍛えるトレーニング。このメニューは細長いタオルを使います。方法は簡単で、椅子に浅く腰かけ、地面に置いたタオルを足の指と裏をグーパーしながら自分の方に引き寄せるだけです。足首を捻る人は指や足の裏が固まっていて地面を掴めていないことがおおいので、このトレーニングをしてあしの指と裏を使う感覚を覚えましょう!

 

このように、かなり地味な見た目と効果のリハビリトレーニングですが、継続するとかなり足首が締まり安定感が出ます!

 

足首の痛みがなくなり、動かせる状態になったら少しずつ無理せずに始めてください。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る