※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスでマメやひび割れ、あかぎれになる場所によって対策法が変わってきます。特に空気が乾燥する季節には、前もって予防をすることが大切です!また、少しでもあかぎれやひび割れになりかけたら正しい治療法を行う必要があります。なってしまうとなかなか治らない怪我ですからね…。

 

特に手のマメやひび割れ、あかぎれはテニスでは深刻な問題です!ラケットが握れなくなりますからね。そこで、今回はなる前に治すために、怪我をしやすい場所と対策についてそれぞれ紹介します。

 

さて、あなたが乾燥肌や腰痛、膝痛などの関節痛にお悩みなら…

テニスでマメ、あかぎれ、ひび割れが出来やすい場所と原因は?

先にも言いましたがほとんどのマメやあかぎれ、ひび割れは手の指に出来ます!それぞれの怪我になりやすい場所と原因を知っておくことで予防や対策をすることが出来るのです。

テニスでマメが出来やすい場所とその原因は?

テニスでマメができるのは初心者でもプロでも同じです!ナダルが毎試合テーピングを巻いているのもマメが酷いからです。では、そんなマメが出来やすい場所と原因について紹介します。

 

テニスでは、手の指や手のひら、足の親指の横、母指球にマメができます。

 

手の指のマメはグリップの握り方によって親指、中指、薬指、小指にそれぞれマメができます。手のひらは、各指の付け根と親指と小指の延長線上に出来ることが多いです!

 

これらのマメが起こる原因は、ラケットが必ずスイングする間に動き皮膚との摩擦が起きることです。ラケットのグリップが摩擦を起こし上に挙げた場所にダメージを与えるため水ぶくれや固いマメができるのです。

 

足のマメは天使うシューズの中で足が少しは動くようにできているので動いている内に親指の側面が靴に何度もぶつかることで起こります。また、母指球は体重が一番乗りやすい足の部位のため、水ぶくれタイプのマメが出来やすい個所です。

テニスであかぎれやひび割れが出来やすい場所と原因は?

テニスでは特に乾燥する季節は手の甲や指にあかぎれやひび割れが出来ます!特に指の関節の周りはひびやあかぎれが酷く、強い痛みに悩まされます。

 

テニスであかぎれやひび割れが起こる原因は、手だけはラケットを握るので直接乾燥した空気に触れるので乾燥肌になりやすいということがあげられます。乾燥した肌は固くなりラケットからくる衝撃や、指の曲げ伸ばしのストレスに耐えきれずにパックリとひび割れしてしまうのです。

肌は乾燥するとあかぎれ・ひび割れやすくなる。

肌は乾燥するとあかぎれ・ひび割れやすくなる。

テニスでマメ、あかぎれ、ひび割れになる前の対策と予防法は?

では、原因と起こりやすい場所がわかったところでテニスをしてマメやあかぎれ、ひび割れにならないようにする対策と予防法を紹介します!

テニスでマメにならないための対策と予防法

テニスでマメになるのはプロも一緒なわけですから、練習量の証とも言えます!時々マメがない方が上手だと言う噂もありますが、それは嘘ですので、しっかりと対策をしましょう。

 

とはいっても、特に画期的な対策方法はありません!なる前に自分のグリップの握り方を見て当たりやすい部分をテーピングで保護しておくことが一番予防効果があります。

テニスであかぎれやひび割れにならないための対策と予防法

テニスでのあかぎれとひび割れの根本的な原因は手と指が乾燥肌になってしまい肌がよわくなることにあります!ひび割れやあかぎれになってしまうといくらハンドクリームを塗っても意味がありません。なぜなら肌にはもう潤いを蓄える働きがないからです。

 

そうならないように、もしくはなってからでも肌の再生を促せる対策方法は毎日入るお風呂にありました!いくら肌に良い食べ物を食べても実は気持ちの問題くらいの効果しか出ないのです。

 

それと比べて肌表面から時間をかけて再生成分を取り込めるのはお風呂だったのです。

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る