テニスでの手の痛いひび割れやあかぎれのかゆみに効く薬とは?

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

冬の寒くて乾燥した空気はテニスには大敵です!ただでさえ家事や仕事で手の脂分はなくなりカサカサな乾燥肌でテニスをしたら、弱った肌がグリップとの摩擦で痛いパックリひび割れやかゆみの出るあかぎれを起こしてしまい…。ハンドクリームなんてやわな薬じゃ治らないし乾燥肌程度で皮膚科に行くのもなあ、という感じですよね?

 

そこで、今回は、テニスでの手のひび割れやあかぎれに効く薬を紹介します!これから紹介するのはネット販売限定の知る人ぞ知るある毎日するある行為に合わせて使うと効果的な天然由来のお薬です!

 

もしあなたが乾燥と寒さで手の肌がゴワゴワ、指がひび割れて痛いという症状でお悩みなら是非読み進めてください。

あかぎれとひび割れに効果的なお薬とは?冬もテニスを楽しもう♪

さて、今すでにあかぎれやひび割れに困っている方はハンドクリームやその他の市販の乾燥肌対策の商品を治療のために浸かっていると思います。また、今までも何度か痛い思いをしてきたから今年こそは完璧に予防したいという方もいると思います!

 

冬場は寒いですが、空気が澄んでいて綺麗なので外に出て身体を動かすと気持ちいいですよ♪

 

テニスは年中できるせっかくのオールシーズンスポーツですので、冬場も楽しくテニスをしましょう!そのために、乾燥と寒さからくる手のひび割れやあかぎれは速攻でこの薬を使って治してしまいましょう♪

寒い冬はあったかい温泉にでも浸かりたい...

寒い冬はあったかい温泉にでも浸かりたい…

あかぎれやひび割れにハンドクリームや市販の薬は効かない?

これは私の経験なので全員の方に当てはまるかわかりませんが、ハンドクリームや市販の乾燥肌対策の薬でテニスのあかぎれやひび割れを予防や完治出来たことがありません。

 

どうしてもクリームで保湿や皮膚の回復を促してもそれを追い越すようなダメージが、テニスコーチという仕事柄か寒さと乾燥とラケットからくるので、結局悪化してしまうのです!ラケットを握らなくてはいけないのでこまめに塗りなおすことも出来ませんしね…。

 

テニスを毎日のようにやっている方ならこの痛みや辛さはわかっていただけるはずです!!

 

そんな時に、ある生徒さんに教えてもらって試したのが、入浴剤です!毎日冬場なら浸かるお湯に天然の保湿成分や血流を良くする成分が含まれた入浴剤を溶かすのです。私はその生徒さんに黄金湧泉という天然温泉の素と肌潤という天然成分のみで作られた入浴剤を頂きました。

 

乾燥した状態の肌はかなり傷んでいて市販で売っている入浴剤みたいに化学成分が入っているのは絶対にNGだと力説されたので、使ってみました。

 

すると、毎日絶対に浸かるようになったからというのもあるかもしれませんが、テニスを毎日同じ頻度で続けても回復力の方が上回るようになりました!

 

これは温まって血流が良くなったのも肌の回復に効果的だったのかもしれませんね♪

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る