テニスでのマメ、あかぎれ、ひび割れの原因と家で出来る治療法!

※当サイトで紹介している治療法・予防法は筆者がテニスコーチ・選手として学んだものです。そのため、情報の最新性・正確性は担保されておりません。病院で診断を受けたうえで参考程度にお使いください。

テニスでマメやあかぎれ、ひび割れはテニス肘や腰痛等と同じくらいプレーに支障が出る怪我です!また、特に手のひらや指に出来たあかぎれやひび割れや水ぶくれのようなマメはラケットが握れない程痛みが出ます。つまりそのような状況になる前に原因となる乾燥や家事等の水仕事の対策を練り予防をしておく必要があります!

 

しかし、これらの治療法でハンドクリームを使うとべたつき、グリップが上手く握れなくなってしまいますよね?だからと言って塗らないと悪化するばかり…。一度なってしまうとなかなか傷が治らないという悩みを解決できる家で出来る対処法を紹介します!

 

あなたがテニスを頑張っているから怪我をするのです。それだけは認めてあげて上達を早めるためにもしっかりと治しましょうね…

テニスであかぎれ、ひび割れ、マメが起きる原因とは?

テニスで手や足にあかぎれ、ひび割れ、マメができるのには原因があります!あなたと同じくらいテニスをしていても全くならない人もいますよね?

 

元からの肌の強さの差もありますが、実は防ぐことが出来る原因もあったのです!

テニスラケットのグリップサイズが合っていない

テニスラケットのグリップのサイズが合っていないと手の中でグリップが動きすぎてこすれるのでマメやひび割れ、あかぎれが起こりやすくなります!実はいくら手に合っているラケットを使ってもストロークやサーブを打つと手の中でラケットは動くものですが、それが大きすぎると怪我につながります!

テニスシューズのサイズが合っていないと足にマメができる

テニスシューズの正しいサイズを選べていないとつま先や足の裏や甲にマメができやすくなります!テニスシューズは足の長さの実寸+0.5cmくらいのサイズで、幅も自分の足の形に合ったものを選ぶといいでしょう。少し足がシューズの中で動く方がいいのできつ過ぎず緩すぎずで選ぶといいでしょう。

手の肌が常に乾燥した状態になっている

手の肌が乾燥した状態になっていると肌の柔軟性がなくなりひび割れやあかぎれの原因になります。肌が乾燥して白くなっている状態だとグリップとの摩擦が減りグリップが回転しやすくなってしまうので肌が傷つきやすくなります。

テニスで出来たマメ、あかぎれ、ひび割れの家での治療法

お風呂+入浴剤が最高の乾燥肌対策!

お風呂+入浴剤が最高の乾燥肌対策!

先に書いた上2つの原因は、道具を自分に合ったものに変えることで解決できます。グリップの太さは専用のチューブを買うと変えることが出来ますし、靴も大きめのものを買ったばかりであればインソールを交換することでサイズを調節することが出来ます。

 

しかし、3つめの手の肌の乾燥は放っておいても治らないです。特に冬場はあかぎれやひび割れなどテニスをしていなくても肌トラブルに悩まされると思います。そんな肌にうるおいを与える唯一毎日行っていること分かりますか?そう入浴です!

 

夏場は暑いからシャワーだけという方も冬はしっかりと15分~30分程度は温泉の元などの入浴剤を入れて浸かるようにしましょう。ただのお湯ではなく入浴剤を入れることで特に温浴効果や保湿効果が格段に上がります!

☆もっと詳しくテニスの”本質”を学びたい方へ☆

無料メールマガジン「ロジカルテニスのすすめ」
【完全無料】テニスの本質をギュッとまとめた2週間講義はこちらから!

オンラインテニススクール「テニスプレーヤー養成所」
慶應義塾大学卒の現役テニスコーチのレッスンが無料で受けられる!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る