テニスの手首の怪我の予防、サーブとストロークのフォーム改善!

テニスの手首の怪我を予防するには、サーブとストロークのフォームを改善することが一番です。もちろん、手首の小指側が痛いTFCC損傷や親指側が痛い腱鞘炎、ドケルバン病など怪我の種類は多く、第一には手首の動きが問題なことが多いです!

 

テニス肘や、腰痛、股関節痛、膝痛のようなテニスで多く起こる怪我の中に手首の痛みも入るほど、多くの患者さんがいます。ラケットを握れない程痛みが強い方もいるそうです。

 

ラケットの重さやプレースタイルによっても、手首にかかる負担の大きさは変わってきますが、手首が痛むままでテニスをすることは難しいでしょう!そこで今回は、手首の怪我が悪化する前にもしくは、手首の怪我が治ってからの予防のためのサーブとストロークのフォーム改善法を紹介していきます!

 

あなたが、手首の怪我やテニスでの体の不調を感じているなら…

テニスの手首の親指側、小指側の怪我の予防法、打ち方に問題あり?

さて、ここからはテニスで手首の親指側に痛みが出る場合、小指側に痛みが出る場合に分けて、サーブとストロークのフォーム改善方法について紹介します。この方法は痛みを減らすだけでなく、体への負担が小さい=効率の良いエネルギー伝達が出来るフォームですので上達にも効果があります。

 

怪我を治し、かつ強くなってからテニスに復帰しましょう!

 

綺麗に打てている人は怪我も少ない!

綺麗に打てている人は怪我も少ない!

テニスで手首の親指側に痛みが出てきた、怪我した時の改善方法

手首の親指側が痛い時はテニスのサーブやストロークの改善する点が、2つあります。

 

1つ目は、ラケットを強く握りすぎる点です。ラケットを強く握りすぎると親指の手のひら側のふくらみのある筋肉が疲労してしまい炎症を起こしたり、手首と親指をつなぐ関節がずれてしまったりします。ラケットは、手首が程よく固定される程度に握りましょう。

 

2つ目は、サーブでもストロークでも手首を親指側に強く曲げてテイクバックから打点、フォロースルーまで振りぬいてしまう点です。これは特に両手バックハンドの人に多く、テイクバックから力んで両手首共に親指側にグッと力が入ってしまっていることが多いです。

 

手首の形はいつでもじゃんけんのグーの形になっているように力をある程度抜いておきましょう。

テニスで手首の小指側に痛みが出てきた、怪我した時の悪化しないための予防法

テニスで手首の小指側に痛みが出てきた場合の予防法としてフォームの気を付ける点は、1つだけです。

 

それは、サーブでもストロークでも小指側に手首を曲げない事です。ストロークで私が最近気になるのは、フォアハンドもバックハンドも手首より先を小指側に曲げてラケットヘッドを落とそうとする動作をする方が多いということです!

 

これは、錦織選手も改善している点だそうです。しかし、雑誌等では誤った解説がされ手首で回転をボールに与えることが必要だと思わせるような表現がされています。回転をかけるのは手首ではありません!打点よりも下にラケットが入っていればいいのです。

 

特に多いのが両手バックハンドの時の両手首の小指側の痛みです。これは明らかに手首の動かしすぎです。手首は基本的に一番安定するじゃんけんのグーの形を軽く固定するくらいの気持ちでいて勝手に動く程度でいいのです!

 

サーブでは、とにかく高い打点で取ろうとして手首を伸ばすようにして打っている人も多いですが、それはむしろ関節の動きとしては不自然なので運動の連鎖が手首で止まってしまうのでやめた方がいいです。

 

手首を小指側に曲げてボールをとらえることで、関節の中の軟骨繊維が潰されてしまい炎症を起こしてしまうのです!

 

まとめると、本当は全体の動きの中で成り立っている手首の自然な動きを、自分で作りだそうとすることが力みを生み、手首に変なダメージを与え、手首を怪我する原因になってしまうのです。手首は自然な形のまま置いておいて勝手に動くものなのです。

 

しかし、一度痛めてしまうと炎症や痛みが引くまで治療をしないと正しいフォームでもテニスをするのが苦痛になってしまうはずです。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

驚異の改善率93%!手首の痛みを根治する治療法とは?

あなたのストレッチは30年遅れ!体を整える本物のストレッチとは?

おすすめの手首用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のテニス用品ネットで買うなら…

有名テニスコーチ監修の教本&DVD

有名テニスコーチの教材DVD

テニスをする全ての女性へ

テニスの日焼け予防

テニスのあの噂に…

テニスで禿げる

合わせて読みたい

  1. テニスの肘の怪我の治療法にステロイド注射は効果あるの?

    テニスの肘の怪我で病院で診察を受けると、まずはレントゲンを撮り、湿布や医療用サポーターで様子を1週間…
  2. テニスで手がカサカサに!乾燥肌のあかぎれ、ひび割れの対策

    冬のテニスは、乾燥で手がカサカサになってあかぎれやひび割れに困る方が多くいます!グリップに血がついた…
  3. テニス肘の怪我の正しい治療法の選び方の極意!

    肘に痛みを抱える人のほとんどが骨に異常がなければテニス肘です。テニス肘になると、病院にいくと湿布とサ…
  4. テニスをすると痛い足の巻き爪の最短の治し方!

    巻き爪の症状がある人はテニスをする時に、ズキズキと足に痛みが走りませんか?巻き爪になってしまい炎症が…

ブログランキング♪

ブログランキングに参加しています!良いサイトだと思ってくださった方は、ポチッとお願いします!


にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

ブログランキングFC2 ランキング参加中

ピックアップ記事

  1. テニスの肩甲骨の怪我で多いのが、背中の中央部の肩甲骨を内側に寄せる筋肉の損傷です。テニス肘や、腰痛、…
  2. テニスで腰痛を引き起こす、腰の怪我はストレッチで予防することが出来ます!腰椎分離症、ヘルニア等の腰の…
  3. テニスで股関節痛に悩む方はテニス肘や腰痛、膝痛などと同じくらい多いですが、それを放っておくと、歩けな…
  4. テニスの腰の怪我としてぎっくり腰は激痛を伴う大変危険な怪我です!症状は腰痛だけでなく、動けなくなった…
ページ上部へ戻る