テニスの怪我の治療法!肩甲骨の内側が痛い時の対処法!

テニスの肩甲骨の怪我で多いのが、背中の中央部の肩甲骨を内側に寄せる筋肉の損傷です。テニス肘や、腰痛、膝痛に比べると少ないですが、テニスはサーブでも、ストロークでも背中の筋肉を使い肩甲骨を支えているため、疲労も衝撃も加わりやすい場所ではあります!

 

テニスの肩甲骨の怪我の治療法は、病院に行くとレントゲンを撮って、骨に異常があるはずもなく、湿布をもらって帰るだけです。しかし、放っておくと完治どころか、再発や肩、腰、首の筋肉にも影響を及ぼし、痛みが出ることがあります。

 

つまり、肩甲骨の怪我の正しい治療法を知っておかないと、無駄に診察費はとられるわ、治らないわで大変なことになってしまうのです。

 

ですから、自分で正しい情報をつかまなくてはいけません!しかし、インターネットには、怪我についてのサイトが多すぎて、どれが正しいのかわからなかったり、似たようなサイトが多くなんだか胡散臭いことが多いのです。

 

そこで、私が選手時代にお世話になった背中や肩甲骨の不調や痛みに効果のある治療・ストレッチプログラムのサイトをおすすめしますので、背中の痛みに耐えられない!という方や、少し参考にしたいという方は見てから続きを読んでください…

テニスの怪我の治療法!肩甲骨の内側が痛い原因は?

肩甲骨を寄せる内側の筋肉は、テニスのサーブのトロフィーポーズの時に縮み、振りぬくときに瞬間的に伸ばされます。また、ストロークの際も同じことが言えて、テイクバックの時に背中の筋肉が内側に寄り、フォロースルーで瞬間的に伸ばされます。

 

つまり、この肩甲骨の動きについていけるほど、筋肉が柔軟性と筋力を持っている必要があります。縮んだところから伸びる柔軟性や、フォロースルーの時の急激な伸びを止められるだけの筋力が必要なのです。

 

肩甲骨の内側の筋肉がテニスの疲労が溜まっていたり、普段の姿勢が悪かったり、仕事で同じ姿勢でいたりするとコリ固まり、柔軟性も筋力も発揮できず、痛めてしまうのです。

肩甲骨の周りを柔らかく使えないとサーブが打てない!

肩甲骨を上手く使えないとサーブが打てない!

テニスで肩甲骨の内側を怪我したときの正しい治療法!

では、上のような原因で、テニス中に肩甲骨の内側を怪我した時はどのように治療すればいいのでしょうか?痛い内は鍛えることも、柔軟性を高めることもできませんよね?

 

ですので、普段立っているだけでも痛い場合は、テーピングで肩甲骨の位置がずれないように筋肉の代わりをしてあげましょう。そうしないと、肩や首、腰に影響が出ます。痛みがなくなるまでは安静にしましょう。痛いことは避け、テニスも禁止です。

 

しかし、痛みが普段の生活では出ないくらいになってきたら、逆に徐々にリハビリがてら動かして刺激を筋肉に与えることが早く治す秘訣です!同じ姿勢でいたら筋肉が凝り固まるのと一緒で、痛みがあるからと言って安静にしすぎると筋肉の固さが取れないのです。

 

じゃあ痛みが取れてきたら、リハビリをしよう!今度は再発しにくい背中の筋肉の状態を保とうと思ったはいいものの、どのような方法が効果的かわかりませんよね?

 

そこで下のおすすめページ私がおすすめの選手の時に使っていたストレッチプログラムを紹介します。興味のある方は参考にしてみて下さい。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

プロアスリ―トも効果を実感!95%の改善率を誇る治療のポイントとは?

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のテニス用品ネットで買うなら…

有名テニスコーチ監修の教本&DVD

有名テニスコーチの教材DVD

テニスをする全ての女性へ

テニスの日焼け予防

テニスのあの噂に…

テニスで禿げる

合わせて読みたい

  1. テニスの手首の怪我の予防、サーブとストロークのフォーム改善!

    テニスの手首の怪我を予防するには、サーブとストロークのフォームを改善することが一番です。もちろん、手…
  2. テニスのマメの予防法!親指、人差し指にマメが出来る原因とは

    テニスで厄介なのが、手の指に出来るマメですよね。噂ではマメの出来る場所によって上手下手が分かるとか.…
  3. テニスのふくらはぎの怪我の治療法、筋膜炎を治す方法!

    テニスのふくらはぎの怪我として、錦織圭も悩まされるのは筋膜炎です!軽度や一歩手前の肉離れと診断される…
  4. テニスの足首の怪我、捻挫の原因とテーピングによる治療法とは?

    テニスでの足首の捻挫は、捻挫癖になりやすく、骨折よりも治療法が難しいと言われています。応急処置をしっ…

ブログランキング♪

ブログランキングに参加しています!良いサイトだと思ってくださった方は、ポチッとお願いします!


にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

ブログランキングFC2 ランキング参加中

ピックアップ記事

  1. テニスをしていて足の甲が痛いと感じたら、それは疲労骨折という怪我かもしれません。ジュニア世代の子ども…
  2. テニスの手の指のひび割れは、秋から冬にかけて起こる厄介な怪我といえます。ただでさえ空気が乾燥している…
  3. テニスの肩の怪我の治療は病院でも難しいとされています!なぜなら、関節や骨、インナーマッスルを含む筋肉…
  4. テニスで腰痛を引き起こす、腰の怪我はストレッチで予防することが出来ます!腰椎分離症、ヘルニア等の腰の…
ページ上部へ戻る