テニスの怪我、すねのシンスプリントの原因とは?

テニスやそのトレーニングによって起こる怪我、シンスプリントはなかなか治らないので有名な怪我です。原因をつきとめないとシンスプリントは悪化して、脛骨の疲労骨折にもつながります。

 

病院に行って治療を受けると、レントゲンをまずとり骨には異常がないとわかると、湿布の処方と安静という治療方法しかされません。確かにこれでも治るかもしれませんが、あまり合理的ではなく完治までの期間が長くなってしまうのです。

 

その理由は、シンスプリントになる原因がわかれば、すぐに理解できるはずです。本当はもっと早く、簡単にシンスプリントは完治できるのです。私は選手時代はテニスをしながらシンスプリントを克服しました!その方法を知りたい方は…

テニスやランニングでなるすねの怪我、シンスプリントの原因

テニスやそのトレーニングのランニングでなるすねの怪我、シンスプリントの原因は至ってシンプルです。特にテニスコートのサーフェスにもよりますが、下半身により負荷のかかるハードコートは注意が必要です。

 

さて、シンスプリントとはすねの骨、脛骨の骨膜炎という種類の怪我です。ふくらはぎやすねの筋肉が付着する骨の部分に発症し、激痛というよりかは、ジンジンと鈍痛が続く症状が出ます。

 

この原因は2つあり、足の骨の形が変形して衝撃を吸収できなくなっていること、すねの骨に着くふくらはぎやすねの筋肉が固くなっていることです。

 

まず、足の骨の変形は、偏平足や外反・内反母趾などの足の変形によって地面から受ける衝撃をもろにすねの骨が受けてしまうことになるのが、シンスプリントの原因です。あなたの足を見てみてください、それぞれのくっついてしまっていたり、指が重なってしまったりしていませんか?また、土踏まずのアーチはしっかりとありますか?

 

足の指がしっかりと開き、土踏まずもしっかりとあることが大切です。

 

次に、ふくらはぎやすねの筋肉が固いと、くっついているすねの骨の骨膜という膜に直接ダメージが加わり、炎症を起こすようになるのです。もし、ふくらはぎの筋肉が柔らかければ、吸収できた衝撃も、固いと骨と筋肉のつなぎめにダメージが加わるのは当たり前ですよね!

 

つまり、シンスプリントはテニスで地面から伝わる衝撃を吸収できる足の能力と、ふくらはぎやすねの筋肉の柔軟性が欠如することで起こる怪我なのです。

地面を蹴るときの衝撃は計り知れません...

地面を蹴るときの衝撃は計り知れません…

テニスで起こるすねの怪我、シンスプリントの正しい治療法

さて、先にも書きましたが、これらの原因にすねの痛い場所に湿布薬を貼って安静という病院の治療法でいいと思いますか?みなさん今ならNOといえますよね?つまり、足の変形、指が閉じてしまい地面からの衝撃を受け止められない状態と筋肉が固い状態を対処することが、再発も悪化もしないシンスプリントの治療法なのです!

 

私も、シンスプリントで安静にしてろと言われて、なかなか治らない状態が続いたうちの一人です。痛みが減ってきたから軽くテニスをしてみようと思っても、また再発の繰り返しでした。しかし、トレーナーさんからこの原因の話を聞いて、正しい治療法も聞きました。

 

そうすると、テニスを休まずに続けてもシンスプリントを治すことができました。私は足の変形を元通りに戻すことが第一の目標でしたが、それはテーピングを使って行えばだれでもできる方法でした。

 

みなさんにも教えられるようにと思い教材を探しました。すると、足の変形について大変効果のあるものを見つけました。誰でも自宅で出来るということでしたし、その教材を作った人も足のスペシャリストでしたので一応参考になればと思ったので、下のおすすめページで紹介しておきますね。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

おすすめのすね用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のテニス用品ネットで買うなら…

有名テニスコーチ監修の教本&DVD

有名テニスコーチの教材DVD

テニスをする全ての女性へ

テニスの日焼け予防

テニスのあの噂に…

テニスで禿げる

合わせて読みたい

  1. テニス肘の治療法、肘の怪我を湿布薬で対策する方法!

    テニス肘の治療法で、湿布薬を病院で処方されることがあります。確かに消炎作用や鎮痛作用がありますので、…
  2. テニスの肘の怪我の治療法!手術方法と治療期間について

    テニスの肘の怪我と言えば、痛みやしびれなどの症状が出るテニスエルボーです。原因は肘の関節につく前腕の…
  3. テニスの手のマメの場所で上手下手が分かる?マメの対策!

    テニスの手のマメの場所や有無で上手下手が分かるという話を聞いたことがありませんか?その答えは後程紹介…
  4. テニスでの足の怪我が腰痛の原因に?治し方と対策は?

    テニスで足首や膝等の怪我をしてから腰痛や肩こりがひどくなったという経験はありませんか?まさか腰痛や肩…

ブログランキング♪

ブログランキングに参加しています!良いサイトだと思ってくださった方は、ポチッとお願いします!


にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

ブログランキングFC2 ランキング参加中

ピックアップ記事

  1. テニスではラケットの運動の支点となる肩の怪我が多く起こります。肩の構造は複雑なため、怪我や症状の種類…
  2. テニスで股関節を痛める怪我をする選手は多いです。疲労骨折や肉離れ程の怪我ではないため歩けないわけでは…
  3. テニスで足首の怪我と言ったら、捻挫ですね。グキッと足首を外反、内反すると靭帯や筋肉が損傷を起こし、痛…
  4. テニスの肩甲骨の怪我で多いのが、背中の中央部の肩甲骨を内側に寄せる筋肉の損傷です。テニス肘や、腰痛、…
ページ上部へ戻る