テニスのふくらはぎの怪我の湿布を使った治し方!

テニスで、ふくらはぎに肉離れや筋膜炎などの怪我をした時に湿布を使って治す方法を教えてくださいと聞かれることが多いのでまとめてみます。

ふくらはぎの怪我は筋肉が炎症を起こすことが原因で起こる痛みや違和感が症状として多いでしょう!そのため、湿布薬や痛み止めの薬を使った治療法を病院で望む人もいます。しかし、その効果や使い方を正しく理解しないとなかなか怪我が治らないこともあるでしょう。

さて、あなたはどこかが痛い時湿布で痛みを緩和したり、痛み止めをすぐに服用したりしていませんか?

テニスのふくらはぎの怪我の湿布を使った治し方!

さて、テニスでふくらはぎに痛みを感じたときの怪我としては先に挙げた肉離れと筋膜炎がほとんどでしょう!アキレス腱炎なんかもありますが、ふくらはぎというよりかはかかとから足首の痛みに近いのでここでは扱いません!

さて、ふくらはぎの筋肉の怪我を湿布や痛み止めで治すことはできるのでしょうか?

ふくらはぎの怪我と湿布や痛み止めの相性とは?

湿布や痛み止めとふくらはぎの怪我は相性がいいです!特に筋肉の怪我に湿布は効果的です。抗炎症剤や鎮痛剤を含んでいますので。逆に痛み止めは感覚を麻痺させて痛みを感じないようにしているだけですので、あまり治療の効果はありません!

さて、ふくらはぎの怪我や痛みに効果的な湿布の選び方、貼り方や貼る場所、注意することについて紹介します。

湿布の選び方として大切なのは、消炎剤を多く含むものを選ぶことです!あまりにも痛みが強く寝られないという場合は鎮痛剤を含むものを選んでもいいかもしれませんがおすすめはしません。

貼り方や貼る場所は肉離れや筋膜炎を起こしている押したら一番痛いところを中心に筋肉に沿って貼ることをオススメします。たとえばふくらはぎは縦方向に走っている筋肉ですので、それに沿って縦方向に伸ばして湿布を貼るといいでしょう。サポーター効果も少し出ます!

また、注意としては湿布で根本からふくらはぎの肉離れや筋膜炎が治ることはないということです!もちろん長い時間かけて休養しながら湿布を貼っていれば治るかもしれませんが…。

湿布の効果はその場の痛みしのぎであることがほとんどです。貼っている間は痛みも緩和され、炎症も回復の傾向に。しかし、一旦効果が切れると痛みも出ますし炎症も再発します。そのため、それで治ったと思ってテニスをして再発を繰り返す方も多くいます。

確かに、痛みも減り日常生活での不自由を減らしてくれる湿布や痛み止めは便利ですが、あまり大きな治療効果を求めないようにしましょう!

本当にふくらはぎの怪我を早く治したいなら下のおすすめページを参考にしてみて下さい。

 

☆あなたにおすすめの関連ページ☆

あなたのストレッチは30年遅れ!?体を整える本物のストレッチとは?

おすすめのふくらはぎ用サポーターランキングTOP3



※当サイトで紹介した治療法・予防法で起こった問題に関し、筆者は一切の責任を負いません。自己責任の下、無理せずに行って下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のテニス用品ネットで買うなら…

有名テニスコーチ監修の教本&DVD

有名テニスコーチの教材DVD

テニスをする全ての女性へ

テニスの日焼け予防

テニスのあの噂に…

テニスで禿げる

合わせて読みたい

  1. テニス肘の治療法!怪我にサポーターは効果ない?

    テニス肘の治療では、怪我をしている痛みの症状のある肘関節の負担が減るようにサポーターが用いられること…
  2. テニスでのマメ、あかぎれ、ひび割れの原因と家で出来る治療法!

    テニスでマメやあかぎれ、ひび割れはテニス肘や腰痛等と同じくらいプレーに支障が出る怪我です!また、特に…
  3. テニスで手がカサカサに!乾燥肌のあかぎれ、ひび割れの対策

    冬のテニスは、乾燥で手がカサカサになってあかぎれやひび割れに困る方が多くいます!グリップに血がついた…
  4. テニスの怪我の応急処置法、足首を捻挫した直後の対処法!

    テニスの怪我の中で最も応急処置が、完治までの期間に左右するのは足首の捻挫です。捻挫の原因と症状をしっ…

ブログランキング♪

ブログランキングに参加しています!良いサイトだと思ってくださった方は、ポチッとお願いします!


にほんブログ村 テニスブログ テニス情報へ

ブログランキングFC2 ランキング参加中

ピックアップ記事

  1. テニスで股関節痛に悩む方はテニス肘や腰痛、膝痛などと同じくらい多いですが、それを放っておくと、歩けな…
  2. テニスで股関節を痛める怪我をする選手は多いです。疲労骨折や肉離れ程の怪我ではないため歩けないわけでは…
  3. テニスの手の指のひび割れは、秋から冬にかけて起こる厄介な怪我といえます。ただでさえ空気が乾燥している…
  4. テニスではラケットの運動の支点となる肩の怪我が多く起こります。肩の構造は複雑なため、怪我や症状の種類…
ページ上部へ戻る